2013年8月30日金曜日

常に新しい知識を求めて。

金曜日の夜ですね。渡部です。


お仕事も終わり,飲みに出かけている方も多いのではないでしょうか。

私は先程仕事が一区切りつき,ぼーっと考え事をしていました。


実は最近,悩みという程のものではないのですが,怖いな,と思っていることがあります。

「知識の劣化」です。

若年性痴呆症の話ではないです。確かに私は今朝,朝食にドーナツを食べようとして,昨夜,深夜のおやつで自分が食べたドーナツを結構本気を出して探したりしていますが,そういう話ではないです。

これはどの職業でもそうだと思うんですけど,慣れって怖いんです。

みんな,今の仕事につくために,必死で勉強したり,先輩の真似をしたり,毎日練習をしたり,そうやって努力してきて今現在の自分に辿り着いているはずなんですけど,頑張って辿り着いて,その場所に慣れてしまうと,努力するのを忘れてしまうんですよね。

なんとなく,自分には経験とか知恵とかがついて,もう大丈夫だと心のどこかで思ってしまって,成長することを忘れてしまうと思うんです。

私は今,1人で弁護士をやっていますが,その怖さってすごいあるんです。

もう5年もやっているので,一通りの事件は経験してきたつもりですし,実際今も支障なく仕事ができています。法律相談でも,「ん?なんだっけそれ?」と思うことはなくなっています。

でも,「まだ」5年なんですよね。全部分かっている訳がないんです。

何人かで一緒に仕事をしていて,自分の仕事を「見てくれる」存在がいれば,「ここがおかしいぞ」とか「ここをもうちょっとつめろ」とかアドバイスしてくれるんでしょうけど,なかなか弁護士の場合,特に1人でやっている場合,守秘義務の関係もありますから,それが難しいです。

だから,私は常に,「独りよがりの判断になっていないか」と半ば怯えながら,慎重に事件を進めているつもりです。




司法試験の受験勉強は本当に大変でした。

でも,一つ言えることは,実務の方が受験勉強より100倍大変ということです。

私は法律を「道具」だと思っています。

そして,ロースクールは「道具のことを教えるところ」,司法研修所は「道具の使い方を教えるところ」だと思っています。

では,弁護士として実務に出たら,それは何かと聞かれれば,「道具を実際に使うところ」です。

法律は道具です。言葉は悪いかもしれませんが,あくまで道具です。「法律は助けてくれない」という声を聞くことがありますが,当然です,道具は自ら進んで助けてくれたりしません。

また,道具は使い方が非常に重要です。包丁は,本来,職人さんの手によって生まれ,料理人の手によって食材をさばくのが本来の用途ですが,使い方を間違えれば,人を殺せます。法律も同じです。

弁護士に限らず,この世にある全ての職業は「人のため」にあるものです。それは同時に,使い方を誤れば,人を傷つけてしまうことがあるということです。

だから,常に,研鑽を怠ることなく,その職業を極め続けなければならないと思っています。




弁護士の場合は「知識」です。具体的に言えば「法律の知識」でしょうか。

これは油断するとあっという間に劣化します。

劣化するのはまだ仕方ないとして,一番怖いのが,「劣化していることに気がつかないこと」です。

この辺,下手したら,大型事務所よりも,1人事務所の弁護士の方が恐れている分,研鑽を積んでいるかもしれません。

確かにみんな司法試験という大変な試験を合格している優秀な方かもしれませんが,法律も,世の中の情勢も,あっという間に変化します。

私も,学生時代には,まさか「憲法9条を改正しなくても集団的自衛権行使できるんじゃね?」と言い出す国が出てくるなんて想像もしていませんでした。

(本発言は「表現の自由」バリアーで守られています。)




そんな私の趣味ですが,本屋さんに行くことです。

私が日本で一番好きな本屋さんは「丸善」という本屋さんです。

この丸善さん,東京に本店があるんですけど,「世界で居心地のいい場所ランキング1位」です。学生時代多用していました。

さすがに今はなかなか本店には行けないんですけど,事務所の近くのラゾーナというショッピングセンターの中にも出店されているので,たまにぶらっと寄り,最新版の法律関係の書籍を購入し,最新の知識をアップデートするという作業を怠らないことに定評のある私です。



そんなことを考えていたので,今日も(飲む相手もいないし)丸善に寄ってきました。そう,アップデートのために。

【1品目】




















「法人税法平成25年度版」渡辺淑夫著

法人税法の基本書です。
800ページ弱というかなりのボリュームですが,私は細かいところが気になるタイプなので,薄くて分かりやすい本よりもこういう本を購入しがちです。
6000円(税抜き)という価格に尻込みすることなく,欲しかったので買いました。
ちなみに,税金関係は税理士さんの得意分野で,税理士さんに聞けばいいと思いますし,私もそうしてます。


【2品目】



















「聖☆おにいさん9巻」中村光著

もしイエスとブッダが今の人間界に降り立って普通の生活をしていたら…という常人には思いつかない発想の物語です。
絵を中心に展開される書籍なので読みやすく,さらにキリスト教や仏教の細かい成り立ちなども知ることができ,582円(税抜き)という価格にも関わらず,その読み応えは十分なものがあります。法律は関係ありません。


【3品目】



















「デッドマン・ワンダーランド13巻」片岡人生・近藤一馬

マンガです。




(まとめ)

何が言いたいかというと,目的を持たずに本屋に行くと,散在しちゃうよねって話です。
一応これは買いました。むしろ法人税法の本は本棚に眠るんじゃないかと思っています。

























にほんブログ村 士業ブログ 弁護士へ
にほんブログ村

2013年8月15日木曜日

待っているのは性に合わない。

今日,法律相談センターの予約が入らなかったため,夜がフリーになりました。渡部です。


おかしいな,なんで予約が入らないんだろう。みんな困っていることあるはずなのに。世界はそんなに平和じゃない。何かの紛争があるはず。それなら弁護士会の相談センターに予約電話がきてもいいはずだ。

そんなことを考えながら折返しの電話を待っているんですけど,全然かかってきません。

おかしいな,なんで折返しの電話がかかってこないんだろう。あれ程「弁護士の在・不在に関わらず今日中に折り返してね。」と念を押したのに。あれかな,いつもの感じでやり過ぎたからかな,嫌われたのかな。

そんなことを考えながらこのブログを書いています。



まぁ,相談センターに予約が入らなかったということは,少なくとも今日の横浜市民の皆様に置かれましては心穏やかな日であったということが推認できるので,それはそれで良いことなんですけど,まぁそんなわけないですよね。


最近,よく叫ばれているのは,「弁護士事務所の敷居は決して高くありません」というキャッチフレーズです。

私の事務所のホームページ(自作)を作るときに,いろんな事務所のホームページを参考にするために見たのですが,かなりの確率でこのフレーズが使われています。

そう,弁護士事務所の敷居は高くないから,気軽に来て下さいね。相談センターの敷居も高くありませんからね。弁護士の敷居も高くありませんからね。



と言ったところで敷居を低く感じるわけがないことぐらい分かっています(キリッ)。


そんなにすぐに敷居を低く感じられるのなら世話ないです。

私は昔から,学校の教師,お医者さん,教授,弁護士など,「先生」と呼ばれる人種に対して全くおそれを抱かず,むしろ「どういうイタズラしたら面白いか」とか考える性格の人間であるため,何故弁護士の敷居が高く設定されているのかよく分からないのですが,経験上,「敷居が高いと感じる理由」がいくつかあるのではないかと思っています。

そこで,今日は,弁護士の敷居が低い理由を,根拠に基づいて解説したいと思います。



① 弁護士は同じ人間である。

大前提です。たまにこれを忘れている方がいます。

弁護士は学術的に分類するとホモ・サピエンスに分類されます。

私は弁護士5年目ですが,ホモ・サピエンスではない弁護士に出会ったことがありません。

ホモ・サピエンスは基本的に雑食ですが,共食いはまずしない生物なので,弁護士事務所に行ったからといって,急に食いつかれたり,啄ばまれたりということは絶対にありません。

その意味では,檻に入れられているとは言え,肉食動物であるライオン,トラ,鷹などが区域内に密集している動物園の方が危険性は高いです。

そう,すなわち,弁護士事務所は動物園より安全なのです。

ちなみに私のオススメの動物園はズーラシアです。


② 弁護士はふんぞり返っていない。

基本的に腰が低いです。何故なら弁護士業はサービス業に分類されるからです。

私もふんぞり返っていません。何故なら,ふんぞり返りながら法律相談をすると,相談者の顔を見るために首を前に曲げなければならず,首が疲れるからです。

中には「スーツを着て堅苦しいイメージを持っていました。」というお客様がいらっしゃいますが,よく考えて下さい,たいていの会社員は皆スーツを着ています。「スーツ=堅苦しい」という概念がまずおかしいのです。

弁護士はプライベートでは私服を着ています。何故なら,スーツはゆったりしづらいし,全裸だと警察に捕まるからです。

ちなみに,上記のお客様の感想は,事務所内を私服姿でうろついている私に対して発したものです。何故私が私服姿で職場を歩いているのかはお察し下さい。動きやすいからです。

③ 弁護士に聞くことは恥ずかしいことではない。

「そんなことも知らないのかと怒鳴る」「上から目線で指示をしてくる」「なんで分からないんだと叱り飛ばす」と言ったことは基本的にはありません。

基本的と申し上げたのは,ものすごい稀にこういう方がいらっしゃると聞いたことがあるからです(直接見た訳じゃない。)。

ただ,普段,近所の弁護士同士は仲が良いんですけど,私の知る限り,99.9%大丈夫です。

特に,「自分がこれを知らないことは,恥ずかしいことなのではないか,弁護士の先生にこんなことを聞くのは申し訳ないのではないか」という方が結構な割合でいらっしゃるんですけど,知らないことを教えるために弁護士がいるわけで,全く恥ずかしいことはありません。

むしろ,「無知の知」を自覚されている方に対し,弁護士は賞賛の眼差しを向けます。よくぞこの段階で来てくれた,と。もう少しで手遅れになるところだった,と。

はっきり言って,弁護士は法律を知っているだけであって,その他は特段の能力もございません。

たまたま聞かれた分野が自分の知っている分野であったというだけであり,そんなことで偉そうにしている人は弁護士失格です。

このことは,多くの弁護士が自覚しているところであり,弁護士だって,自分の知らないことは他人に聞いて解決したりするのです。

 ↓ 以下,お食事中の方以外で興味のある方は反転。

私,実は最近,これ,ひょっとしたら痔なんじゃないかという疑惑を持っておりまして,近々お医者さんに聞いてみようかと思っております。

でも,肛門科って,結構行くの恥ずかしいですよね。どうしよう。敷居が高いな。

これか!!


④ 弁護士事務所に行くことで,いきなりお金をむしり取られることはない。

さて,「敷居が高い」の意味を,私が③で理解できたところで,お金の話します。

よく勘違いされるのが,「弁護士に相談したらそのままベルトコンベア式に依頼しなきゃいけなくなってお金たくさんとられるんじゃないか」という誤った先入観です。

結論から言えば,弁護士に話きいてもらうだけなら30分5000円くらいです。

また,初回相談に限り,無料で聞くところも多いです。うちの事務所とか。

「相談した=依頼しなきゃいけない」なんてことはございません。

お医者さんと同じで,セカンドオピニオン的に,何人かの異なる弁護士に相談してみて,自分が一番気に入った弁護士に相談してもいいんです。

その場で依頼しなかったからといって,その弁護士が怒ることはまずありません。

また,後日「いろんな先生に相談してみたけど,あなたに依頼していいですか。」というのももちろんありです。弁護士的にはこれが一番嬉しいです。覚えていてくれたのね,という感じで。

一番良いのが,「相談しただけで解決できちゃった。」というパターンです。

これは紛争の初期状態に相談に来て頂けると起こりうるパターンで,相談者の方も,無駄なお金を払わず,紛争を事前に回避できる,ということもあり得るのです。

弁護士としても,依頼されなかったからといってまず間違いなく不満に思いません。

私の場合,

「先生,アドバイスのおかげでなんとかなりました。」
「おぉ!良かったですね。」
「すいません,相談料,本当にタダで良かったんですか?」
「えぇ,もちろん。」
「すいません,ありがとうございます。」
うん,だから,もし周りで困った人がいたら,『渡部って弁護士は良い弁護士だよ』って吹き込んでおいて下さい。
「ちょ(笑)先生,分かりました(笑)」

という露骨な営業活動をしているのでわかりやすいのですが,他の弁護士も同じ気持ちだと思います。




という具合に,弁護士の敷居は高くないよ論を極めて理論的に述べていたのですが,折返しの電話は結局来ないし,何より今日の法律相談センターの予約もやっぱり入らなかったので,しょんぼりしながら仕事して帰ります。









にほんブログ村 士業ブログ 弁護士へ
にほんブログ村

2013年8月6日火曜日

何を書こうとしても営業ブログになる。

弁護士の仕事は書面作成である。弁護士の渡部源です。

ドラマのように法廷で尋問するのは刑事事件ぐらいで,民事事件ではそうそう尋問まで手続が進むことはありません。

しかもこの8月は,「夏期休廷期間」と言いまして,裁判官が交代で夏休みをとる時期なのです。

裁判官がお休みということは,当然裁判期日も開くことが出来ず,期日が入りにくい時期なのです。

というわけで,私はこの時期は地道な書類作成に勤しんでおりまして,最近法廷のピリピリした空気を感じていないなぁと思いながら,延々と「いつ終わるんだこれ」という書類作成に勤しんでおります。

最近の気分転換はトイレ掃除です。



まぁトイレ掃除の話をしても仕方ないので,なんの話をしましょうか。


この間,高校生模擬裁判選手権というものを見てきました。

私が見に行ったのは関東大会で,関東圏の高校8校が,犯人性が問題となる刑事事件を,本番の裁判員裁判さながら検事役と弁護士役に分かれて対戦するというそういうやつです。

実はこれ,先着300名までなら誰でも見ることができるものなんですけど,なんの予備知識がなく見ても,かなり面白いです。

実際の法廷で行われるんですが,東京地裁の一番大きな法廷の傍聴席が満席になるほど人が入ります。

その前で,高校生達が独自の視点で有罪無罪を争う白熱のバトル。みんなすごい真剣です。

試合後の講評で,審査員から「本職より本職っぽかったです。」という我々に対する悪口高校生に対する賞賛の言葉も飛び出る程,各チーム個性豊かな立証活動を行っていました。

みんな出場者の褒め言葉を言っていたのですが,未来ある若者達のために,敢えて今後の課題を述べておきたいと思います。



※注意
本ブログの趣旨は,私の息抜きにあります。
よって,本ブログに書いてあることは私が無責任に好き勝手言っているだけです。
真に受けてそのまま服用しますと,
・目眩い,吐き気,湿疹等の症状
・弁護士という仕事に対する憧れを失う
・敗訴の危険性
などが考えられますので,ご注意下さい。


① 人の記憶はめちゃくちゃ劣化する。

例えば,ある高校が「その日,出かける前に食べたものは?」という趣旨の質問をしていました。

事件当日の出来事を奇麗に整理しようとした良い質問だと思います。

ただ,例えばですが,私は昨日の夕飯何を食べたかすら覚えておりません。

実は私,神奈川から出場した湘南白百合の尋問の練習に付き合ってくれと言われ,被告人役をやり,「ナポリタン食べました。」とか適当に答えましたけど,よく考えたら1年くらい前のご飯のメニューを覚えている方が不自然です。

むしろ本当に覚えていたら気持ち悪い。その人が毎日ナポリタン食べていたら話は別ですけど,私の経験上,一週間全く同じメニューを食べ続けると精神が崩壊する(修習時代に経験済み)ので,たぶんそんな人いません。

記憶が劣化していないという意味で事件当時のことを聞くことはありますが,あんまり詳細に聞いても覚えているわけがないので,実務ではこういう質問は事案に応じて端折ります。


② 質問に抑揚をつける。

全校を見た訳ではありませんが,どの高校もすごい毅然として,凛として,堂々とした態度で尋問していて素晴らしかったです。

ただ,怖かったです。

実際に,ものすごい高圧的に攻めまくる検事さんはいらっしゃるんですが(褒め言葉),私は民事,刑事関わらず,優しく聞く派です。

もちろん甘っちょろい尋問をすると,証人もなめてくるので,メリハリはつけます。

尋問の目的は,「如何にして事実を聞き出すか」にあると思うんですけど,特に敵性証人は,こちらの意図する事実を話さないよう,身構えるんですよね。

だから,敵性証人だからと言って全て「懲らしめてやる!」的に攻めるのではなく,誠意をもって質問をしていき,「あれ?ここおかしいな?」というところを徹底的に攻めるとより効果的です。

これは尋問に限ったテクニックではなく,例えば,

「あなた,いつもお仕事お疲れさま。」
「お?どうした今日は(笑)」
「ねぇあなた,今週末,2人で映画を見に行きましょうよ。」
「あぁ,ごめん,今週末は仕事なんだ。」
「えぇ?この間もそんなこと言っていたじゃない。」
「そうだっけ?ごめんね。プロジェクトがさ,きつきつなんだよ。」
「何のプロジェクト?」
「お前に言っても分からないよ(笑)」
「例の部下の◯◯さんと一緒のプロジェクト?この間もそう言っていたけど。」
「あぁ,そう,そうだよ。」
「本当にそうなの?」
「ん?なんで?」
「答えて。本当にそうなの?」
「うん。そうだよ。なんで?」
「◯◯さんの奥さん,今週末,◯◯さんと一緒に熱海の温泉に行くんだって。」
「え…。あぁ,今週末は◯◯欠席だったっけかな。」
「あなた,◯◯さんと一緒のプロジェクトは本当にあるのね?」
「あるよ。あるある。」
「◯◯さんは,プロジェクトがきつきつなのに上司であるあなたをおいて旅行に行くのね?」
「………。」
「ところであなた,今,この会話,ボイスレコーダーに録音してるのよ。」
「え?」
「私はそこまでしなくていいと思ったんだけど,あなたの行動が怪しいと思って相談した弁護士の先生がね,そうしてみたらって…。」
「は?弁護士!?」
渡部先生っていうの(電話番号:044-589-3366,メール:genw140307@gmail.com)。」
「え?なに?どういうこと?」
「あなた,しばらくお暇を頂きます。」

といったように,ごくごく日常的な夫婦の会話でも応用が可能です。

どんなに速いストレートを投げても,打者の目が慣れてしまえば打たれます。緩急をつけましょう。


③ 実際に反対尋問をするとものすごい嫌われる。

高校生の皆さん,大変毅然として反対尋問をしていたので,私は感心しました。

私が高校生だった頃には,到底あんな尋問はできなかったと思います。

ただ,敢えて苦言を呈するならば,「キーとなる箇所をもっとネチネチ聞き込むべき」だと思います。

反対尋問は主尋問の後に行われるため,時系列どおりに聞き込む必要はありません。

おかしなところを徹底的に追及すればいいのです。

私は過去何回も証人尋問をしていますが,ネチネチ聞き過ぎるので,間違いなく全員から嫌われています。

これは尋問に限った話ではなく,例えば,

「お,おい,お前。お暇ってどういうことだよ。」
「…。(淡々と荷造り)」
「あれだよ,違うプロジェクトと勘違いしちゃったんだよ。今週末はもう一つのプロジェクトだったんだよ。」
「…。」
「なぁ,機嫌直してくれよ。」
「△△さん。」
「は?」
「△△さん。」
「な,なんだよ。」
「△△さん。知ってる?」
「あ,あぁ。会社の後輩の女の子だよ。それがどうした?」
「仲良いの?」
「いや,全然。お前疑ってるのか?違うぞ。単なる会社の先輩後輩の仲だぞ。」
「携帯のメール,見させてもらったわ。」
「…!」
「あと,この会話ももちろん録音しているわ。そうした方がいいって,
        ↑が言っていたわ。」

で,とどめです。


結局,高校生模擬裁判選手権の話にならなかった。


にほんブログ村 士業ブログ 弁護士へ
にほんブログ村