2014年9月26日金曜日

定期的にくる,昔話したい病

本を読んでいたらブログを更新したくなりました。渡部です。



これから何を書きたいのかよく分からない文章を書きます。お時間のある方だけお付き合い下さい。






大学3年生の秋,就職活動を始めました。

当時は就職氷河期がちょうど始まった頃で,大勢の学生が就職説明会に押し寄せていました。

私も参加しました。しかし,司法試験を目指しました。

私は,人に,このときの心境の変化を,「人ごみが嫌いだったから(笑)」と茶化して説明しています。

でも本当は違います。



子どもの頃,私は自意識が過剰だったのでしょう,本気で「自分は人とは違う特別な存在だ」と思っていました。

それが段々年齢を重ね,本当は自分には何も無いのではないか,と思うようになりました。

はっきり言えば,自分に自信がなかったのです。

就職活動半ばで自信を喪失する学生は大勢いるでしょうが,私は就職活動前からそのように考えており,就職説明会に一度行っただけで,「あぁ,やっぱおれ無理だわ」と思いました。

正直に言えば,「司法試験を目指しているという身分があれば,それで自分を保てていられる」と思っていたと思います。

ロースクールに行きたいと土下座したときも,親は本当はそんな心情を察していたのかもしれません。甘い親です。

私が司法試験を目指したのは,本当は「逃げ」だったのかもしれません。



親に土下座をする前,夜,一人で散歩をしながら,司法試験を目指すか否かを相談しました。2人の人間に電話で相談しました。



1人目は高校時代からの親友Sです。

司法試験を考えている,と伝えたら,彼はしばらく無言になりました。

当然です。高校時代の成績も,素行の悪さも,全て知っているSです。

特に彼はリアリストなところがあり,ぼくの能力も知っているため,気軽に「頑張れ」なんて言葉はかけられなかったのでしょう。

でも彼は言いました。

「源ちゃんがこういう話をするときって,だいたいもう自分の中で決めてるでしょう?おれとか誰が何を言おうが,たとえおれが止めても,たぶんやっちゃう人じゃん。おれにできることはないかもしれないけど,これから辛いこととかあったら話聞くから。そのフォローはしてあげるよ。」

ぼくが司法試験という壁を登ろうと決意できたのは,Sの言葉のおかげです。




2人目は,付き合っていた彼女です。

彼女は無条件に賛成しました。こいつはアホかと思いました。ただ,こう言いました。

「源ちゃんなら絶対出来る!絶対やるべき!」

その後も,彼女は,ぼくが合格するまで一貫してこう言い続けました。

彼女は今,ご飯を作って,家でぼくの帰りを待っています。


司法試験を目指すと決めた後,ゼミの仲間が死にました。

ぼくよりずっと優秀な彼女がなぜ死ななければならないか分かりませんでした。



ぼくが学校も行かずフラフラしている時期から,「源ちゃんはかっけーよ。絶対なんかでっけーことやんよ。」と言い続けてくれた地元の友達が事故で死にました。

ぼくよりずっとかっこよくて,人望もあった彼が,なぜ電柱に当たって死ななければならないのか分かりませんでした。

今でもその電柱の前を通る時は,一礼しています。



ぼくよりずっと優秀な人達が,ロースクールを辞めて行きました。

贔屓目無しに素晴らしい才能を持った人達です。残念でなりませんでした。それ以上に,正直に言えば,この人達が抜けて行って,自分が残って行くことができるのか,自分のことが不安でした。



司法試験に受かりました。

あれだけ欲しかった自信が,芽生えませんでした。
自分でも驚くぐらい,合格しても自分が変わりませんでした。

何も特別なことはありませんでした。

それは,弁護士になっても,自分が独立しても。





全く分かりませんでした。なぜ自分には何も無いのかが。いっぱい,いろんな人とバイバイしてきましたが,どうしてその人達はいっぱい,いろんなものを持っているのかが。

羨ましいとは思ったことがありません。人のものは欲しがらない性格なので。でも不思議でした。

ただ,自分には,周りに人がいる,ということだけは最近分かりました。

なんという素晴らしい人達。この人達がいなければ,おれは司法試験に受かることもないし,学校にも行かなかっただろうし,違法なお店のボーイさんになっていたと思います。



急に彼らに会いたくなったので,書きたくなりました。我ながら良い人生です。

皆様もどうか周りに人がいることを想って下さい。

そして,その末席に私を加えて頂けるのなら幸いです。


にほんブログ村 士業ブログ 弁護士へ
にほんブログ村

このブログについて。

死ぬ程忙しい。渡部です。


「忙しい」と言う人程,忙しくなかったりするじゃないですか。でも本当に忙しいんですよ今月は。

今,久しぶりに「金曜日だ!」って感じになっています。

明日も仕事です。




このブログを約1か月放置していた訳ですけど,ぼくの中では「これだけ放置していてもまだ1か月か,イケる!」という感触です。

しかしあまりに放置しておくと,ぼく自身,二度とこのブログを見ることも無いかもしれないので,何か更新しておこうと思いました。

ところがこの1か月,本当に仕事しかしていなかっため,ネタがありません。

唯一の娯楽と言えば,業界で噂の「要件事実入門」を買ったことでしょうか。

巻末にある中村先生のマンガは読みました。

岡口裁判官の本文はまだ全部読んでいません。読みかけですが,普通に読み物として面白いです。仕事の合間に読んでいるのですが,だんだんせり上がってきます。



さて。

放置期間中にあった衝撃の出来事と言えば,「このブログを見て電話したという新規のお客様が来た」がナンバーワンでしょう。

自分で書いておいてなんですけど,思わず「なんでこの文章を読むと電話しようと思ったんですか,気は確かですか。」と確認してしまいました。

気は確かだそうです。

このブログも早いものでもう2年以上書き続けているんですけど,実は読んでいる人が結構いるようです。

町でバッタリ会った知り合いの先生から,「ブログ,読んでますよ!隠れファンなんです☆」とか言われたりします。なんで隠れてるんだ,お天道様の下で応援しろ,という気持ちは若干しかなかったです。

自分で全世界に駄文を晒しておいてなんですが,リアルの世界で「ブログ見ています」と言われると,すごい動揺するんでやめて下さい。


よし,今日はこのブログのことを書こう。

と,言いますのも,「実は私読んでいます」という人達が,どういう気持ちでこのブログを読んでいるのか,私はさっぱり分からないのです。

そこで,半年程前から,このブログを読んでいると自白した人間から,「正直どうなんだ」という質問を問いかけ,意見を聴取しておりました。

今回は,その寄せられた,違う,かき集めた意見をランダムに箇条書きにしておき,ぼくの備忘録としておこうと思います。




①「面白い」

今のところ一番多い意見です。

しかしぼくに気を遣って「面白い」と言っている可能性は極めて高く,加えて「面白い」の内容が具体的ではなく,かつ,迫真性に乏しいので,供述としての信用性は極めて低いものと言わざるを得ません。

よって,全く参考にならない意見と言わざるを得ません。


②「親しみが持てる」

これもよく聞きます。

これはなんとなく自覚しています。だって弁護士らしいこと何も書いていないもん。

いやおかしいぞ。弁護士が親しみの持てない職業みたいな言い方をしてしまった。そんなことはない。しかしよく聞きます。

この点,昔からのお客様に昨日電話で聞いてみたところ,「お高くとまっていないところが良い」「本音をさらけ出しているところに好感が持てる」「高級フランス料理を食べたい人は他に行けばいい,先生は定食屋さんだ。」という具体的かつ迫真性に富む供述を得られたので,これは信用することにします。

ちなみにこのお客様とはこの話だけして電話を切りました。

これはプラスポイントです。意図せず得たプラスポイントです。要するにこのブログはこのテイストで進めて構わないというお墨付きを頂きました。

良い点確認しても仕方が無いので,次。


③「長過ぎる」

これすごい言われます。

たいてい「面白いですよね〜☆」と言われた後に,「でも長くて読むの大変なときあるんですよね。」みたいな感じで言われます。

弁護士会のとある会合で,先輩弁護士が他の弁護士にぼくのブログを「意外と読んじゃうのよ〜,このブログ。」と宣伝してくれていた光景を目の当たりにしたぼくは,調子に乗って「おれのブログの話ですか?」と割り込んでモテようと(女子がいた)したところ,その先輩弁護士が急に「あんたのブログは長い!スクロールは1回まで!」とお叱りを受けました。



MU☆RI☆DE☆SU☆



基本的にぼくの頭の中は休憩していようが何をしていようが言語が飛び交っておりまして,そのある一瞬を抜き取って文字にしているのがこのブログです。

分量を調整できるぐらいだったら,もっとマシな構成,マシなブログになっています(正論)


④「難し過ぎる」or「難しい話をしてくれ」

この矛盾した意見も同数ぐらいあります。

分析すると,ぼく,たまに憲法の話とか政治の話とかするんですよ。で,それを褒めてくれるリスナーがいる訳です。いいぞ,もっと書け,と。

他方,ぼくの昔話系とかの話が好きなリスナーもいる訳で,その人達からすると憲法の話よりネタをくれ,という感じらしいです。

おれは一体どっちを取ればいいんだ。とミジンコの大きさぐらい悩んでいたので,昔からの友人に相談してみました。

友人「知るか。」
ぼく「そうか。」
友人「ただ,お前のブログは実は見たことがある。」
ぼく「意外だな。」
友人「このブログはなんのために書いているんだ。」
ぼく「おれの息抜きだ。」
友人「苦言を呈していいか。」
ぼく「お前はだいたい苦言しか言わないから覚悟はできている。」
友人「このブログは仕事に繋げる気か?ターゲット層はどこを狙っているんだ?」



なんという正論。



友人「回ごとの話の 落差が激し過ぎる。ブログに一貫性がない。」



指摘されて初めて知る真実。



友人「あと,たぶんだけど,全部息抜きに書いていると言っているが,奥底で気合いの入っている回と本当に何も考えていない回があってムラがある。



誰にも言っていない秘密が白日の下に晒される瞬間。




なんだこいつは。単なる「息抜きブログ」として読み手側のハードルを下げようとするおれの心理状態を的確に見抜いていやがる。


ぼく「お,お前,それ誰にも言ってないよな?」
友人「言ってどうする。




あれですよ,本当は小浜さんから会うなって言われたからプーチンさんと会うのを止めた米国の安倍晋三日本州長の悪口とか言ってもいいんですよ。

「イスラム国」という本当にふざけたネーミングをつけているマスコミや,空爆の不当性について語ったっていいんですよ。

でも今日は疲れてるんです。

よし,これで一回更新稼いだ。


にほんブログ村 士業ブログ 弁護士へ
にほんブログ村