2015年1月31日土曜日

「知る」ということ。

今日は有名なジャーナリストの人の講演を聞いてきました。




お題は「報道とプライバシー」というものだったんですけど,お題にとらわれず,いろんな話を聞けました。

土曜日なのにいっぱい人がいて,特に中高生向けということもあり,話が分かりやすくてみんな熱心に聞いてました。


私は私用があったので途中抜けたりして全部聞いてないんですけど,大変興味深く拝聴しました。

特に印象に残ったのが,

「最近は,(プライバシー保護という観点から)学校でも連絡網がなかったり,運動会等の行事で写真を撮影する業者を入れなかったりする。ひょっとしたら若い人たちはそれが(そのこと自体の是非は別として)『当たり前』のこととして受け止めているかもしれない。そうすると,役所とかが「プライバシー保護」という名目で(なんらかの)規制することに慣れる,『規制慣れ』というものも出てくるかもしれない。」

みたいなこと言ってました。


なるほど。その発想はなかった。


さすが第一線で活躍されているジャーナリストだ。我々のような法律でかんじがらめの見方とは別角度で物事を見られている。確かにそうかもしれない。おれらの頃は普通に卒業アルバムに住所載ってたもんなー。連絡網も全員分の載ってたし,昔,好きな子に突然電話を架けて告ってみようかとドキドキした甘酸っぱい思い出も,今の学生さんたちはできないのかもしれないなー。


みたいなこと考えてたら,以前お世話になった先生が教え子連れて会場にいて思いっきり油断した素顔見られました。


え?なんでここにいんの?いや一般公開だし中高生向けだからいても全く不思議じゃないんだけどこっちはプライベートで来てるんだから,ものすごい油断した顔と寝癖なのよ?せめてヒゲぐらい剃らせてよ。

「先生,ブログ読んでます。」

お,おう。

「更新がないと,大丈夫かなと心配しています。」

お,おう。

「更新したら,みんな(当時の教え子達)にLINEで知らせているんです。」


それもうストーカーだよね。


まぁそんな出会いもありつつ,楽しいひとときを過ごせました。

そしてふと思いました。「今日の講演の中身,ちゃんと理解して帰ったんだろうか…」と。

はい,ではここで渡部先生のいつものありがたいお話の始まりです(暇な人以外は回れ右)。

===============================
以下に述べる見解は,いわゆる学説上の法的見解ではなく,あくまで一弁護士の一つの見解だと思ってください。
世の中,鵜呑みにして良いことなんて一つもありません。
===============================

今日の講演で,再三「知る権利は大事」というお話が出てきました。

現場の人間(ぼく弁護士)の感覚だと,「知る権利は大事」という意識は,今の世の中,下がってきていると思います(根拠は長くなるから割愛)。

憲法には,いろいろ人権のことが書いてありますが,私はその中でも「表現の自由」,そしてそれのもとになる「知る権利」はぶっちぎりに大事だと思っています。

今日の講演で,学生さんが,「◯◯という情報にアクセスしようとすること自体は『悪』なのか」という大変哲学的な質問をされておりましたが,私は「知ろうとすること」自体に善悪はないと思っています。

なぜ「知る権利」がぶっちぎりに大事かというと,人間が自分の考え方を形成し,自分の思うように人生を営んでいくためには,「自由に情報を得られる」ということが必要不可欠な条件なのです。

情報統制化の社会の中で,真に自己実現(砕けた言い方すると納得いく人生を送ること)はできません。わからない人は世界史をもう一度勉強してください。私は社会主義の悪口を言う気はさらさらないですが,要はそういうことです。

もっとわかりやすく言えば,なんで最近モンゴル出身のお相撲さんがやたら増えたか考えてみてください。こっちの方が分かりやすい。モンゴル相撲は昔からあったのに,なんで?

さらにわかりやすく言えば,なんでキューバ出身のプロ野球選手が最近日本の球場でバカバカホームラン打っているか考えてみてください。要はそういうことです。

彼らは情報を得た(あるいは情報を得ることを許された)ことによって,楽しい日本ライフを送っています(いや楽しいかどうかは知らんけど)。

ぼくは生物学に全く精通していないんですけど,人間が他の生物に勝っている点は,知的好奇心の高さ,知的追求欲の高さだと思っています。

知的追求欲ががなくなってしまったら,そこで人間はおしまいです。奴隷,家畜同然です。

「知りたい」という気持ちは,人間の営みの中でも特に重視されるべきであり,「知ることができる」喜びというものを当たり前のものとして甘受している場合ではないのです。




と,ここまで「知る権利」の素晴らしさをつらつら書きましたが,じゃあ「知る権利」が全てに優先されるべきかといったら,そんなことはありません。

そう,代表的なものが「プライバシー権との調整」ですね。

プライバシーとの調整について,法的に書くことももちろんできますが,そのためには先生がきちんと文献にあたらなければなりません。

先生はそんなことをするぐらいだったら自分の確定申告の準備をしなければなりませんし,何よりその辺の書店で憲法の本を買って読んでいただいた方が先生が説明するよりも詳しく書いてあるのでそっちを読んだらいいと思っています。

そこで今日,先生が君たち(あ,今日は教え子向けの更新です。)に考えて欲しいことは,「知ろうとすることは尊いことだけど,それによってどんな人が傷つくか考えることも同じぐらい大事だ。」ということです。



先生は,人間の「知る」という行為は,次のような段階を踏むと考えています。
①知りたいと思う(動機)
②実際に知ろうとする(アクセス)
③知った情報を取り扱う(表現)

この3段階です。


①知りたいと思う(動機)

上述のとおり,①に善悪はないと思っています。まだ実際に行動に起こしていないわけですし,誰も傷つきません。何かを知りたいと思うことは,人間にとってとても重要なファクターなので,何かに対してそう思えたら,誇りに思ってください。


②実際に知ろうとする(アクセス)

②から問題が発生します。

②アクセスは方法が妥当であるかを常に意識してください。

アクセスの方法は無限にあります。人に聞いたり,ネットで調べたり,いっぱい考えられます。

その際,難しい話は置いておいて,人が嫌がったり,人が悲しむ可能性のあるアクセスは絶対にやめましょう。

例えば好きな子の住所が知りたくて,尾行して住所を知ったとします。

そうですね,これは誰がどうみても変態ストーカーです。住所が知りたければ正々堂々とその子に告白すればいいんです。先生はそれで何度玉砕したこt(以下略

例えば,なんかウィルス仕込んで他人のPCに入り込もうとしていませんか?

そうですね。相手も嫌がるでしょうし,何よりあなたの家族が悲しむと思いますし,そういうことすると先生のお仕事になっちゃうので絶対にやめてください。


③知った情報を取り扱う(表現)

③表現はイメージ湧くと思います。他人の悪口は絶対に許されません。

なお,「悪口」と「批判」の線引きは難しい時があります。

迷ったらやめましょう。親御さんに相談してください。

あと,これは先生の感覚ですが,ネットでお友達の「批判」は書くべきではありません。

なぜならお友達の「批判」は,そのお友達に直接言えばいいからです。基本的に本人いないところで言うのは全部「かげ口」だって,おれのばあちゃんも言ってました。

なお,これは今日の講演でもありましたが,情報は必ず裏付けをとってください。

ネットの書き込みを鵜呑みにするなんて愚の骨頂です。これは今日の講演で非常に良いこと言うなーと思っていました。

最近はネットが普及しすぎて,情報の取捨選択の適切さが,情報の受け手に求められています。

それこそ自分と同じような意見の人たちの情報にしか触れない環境を構築するなんて簡単で,そうなると,人間不思議と考えることをやめます。思考停止マシーンです。知的追求をしているつもりが知的追求欲のない,ある意味奴隷みたいな状態になってしまいます。

必ず,自分とは違う人たちの意見にも耳を傾け,きちんと自分の中で事実(真実)はいったいなんなのか,疑問を呈し続けてください。



(今日のまとめ)

「知る」という行為は尊い行為ですが,どんなケースでも許されるというものではありません。

必ず迷ってください。迷いというものは,人間の自己防衛本能です。迷いがある人間になってください。

そしてなにより。

いいですね。情報は裏付けが必要なんです。一義的なアクセスで満足しないでください。

そう。

このブログを鵜呑みにしないでください。









にほんブログ村 士業ブログ 弁護士へ
にほんブログ村

2015年1月15日木曜日

XPは神OS(異論は認める)




↑今日は良かったらこちらの曲を聴きながらご覧ください。Windowsの効果音のみで構成された名曲です。


【ぼくとパソコン】

ぼくがサッカー選手の次に目指した職業は,プログラマーでした。

物心ついた頃には,実家には漬物石みたいなパソコンが置いてありまして,それをポチポチしながら自分で簡単なゲーム(水道管ゲームみたいなの)とか作ったり,フロッピーゲームしたりして遊んでいました。

その名も「MS-DOS」。

コンピュータにおけるOS(オペレーティングシステム)は,今でこそ有名なのはWindowsやOS X(MacのOS),AndroidやiOS(スマホ等に使われているもの)と様々ありますが,MS-DOSはもうモノが違います。

MS-DOSは16ビットの性能しかなく,例えるなら,いや例えなくても本当のことなんですけど,任天堂のスーパーファミコンと同じぐらいの脳みそしかない子でした。

でもそんなMS-DOSをぼくは長く使っていました。

誰に使い方を教えてもらうでもなく,自分で「この子で何ができるのか」をいろいろ試すのが楽しかったです。



【Windowsとの出会い】

大学に進学する際,祖父が「パソコンを買いなさい」とお小遣いをくれました。

高価な買い物なので,何にするかいろいろ迷ったんですけど,富士通のラップトップを買いました。確か当時の価格で20万円ぐらいしたと思います。

そこで出会いました。Windowsに。


なにこれすごい。


MS-DOSとはいったいなんだったのか。なにこのパソコン,いろいろできる(当たり前)。

Windows98,Windows Meと接しているうちに,Windowsに恋をしている自分に気がつきました。

そしてぼくが大学院に進学する頃,化け物OSが現れます。

その名も「Windows XP」。ぼくが最も愛したWindowsです。

旧来のWindowsとの互換性の高さ。ビジュアルスタイルの統一感。アプリケーションの豊富さ。自分好みにカスタマイズできる幅の広さ。どれを取っても愛してやまないOSでした。

そうしてなんやかんやあって,ぼくはWindows XPを携えて弁護士の世界に飛び込んだのです。



【Macの噂を耳にする】

ぼくはWindows XPと出会った衝撃が強すぎて,もう一生この人と添い遂げよう,そう誓いました。

Windowsはなんでもできる。一太郎も使える。パワポも使える。特に裁判所が一太郎という文章作成ソフトを使っていた関係上,ぼくにとって一太郎,そしてWindowsはなくてはならない存在でした。

そんなある日。当時独立する前の事務所での話。パーテーションを一枚隔てたところでお仕事をされていた兄弁がこんなことを言いました。

「源ってパソコン好きだよね。なんでMacにしないの?」

は?なに言ってるのこの人?Macは一太郎使えないじゃない。Wordオンリーでしょう?Windowsは一太郎もWordも使えるの。Windowsの方がいいに決まってるじゃない。

「知ってる?Macのデスクトップって,床に置いてあるウィーンって唸ってるハードドライブがディスプレイに埋め込まれている上に,そのディスプレイが薄型だから,全然スペースとらないんだよ。」

は?なに言ってるのこの人?ウィーンって唸ってるところがいいんじゃない。ウィーンって唸るところに今調べ途中の本とか置いておけるメリットのこと考えたことあるの?ウィーンって鳴ってないとパソコンが生きてるか不安になるじゃないなに考えてんの。

「知ってる?Macはマウス使ってもいいけど,マウスなしの方が快適に使えるんだよ。」

は?なに言ってるのこの人?マウスがなかったらアイコンクリックできないじゃない。

「これつかうの。これ。マジックトラックパッドっていうの。この板をね,指で叩いたり,その指の本数やジェスチャを全て認識して,いろいろな動作をディスプレイで反映できるんだよ。」

は?なに言ってるのこの人?こんなのあれじゃない。ちょっと指でいろいろなぞったら,思い通りにウィンドウが整列したり隅に寄ったり,なんかそういうのいろいろできるだけじゃない。ジェスチャも覚えきれなかったらどうするの。マウス超わかりやすいじゃないですか常識的に考えて。

「マウスもあるよ。」

は?なに言ってるのこの人?このマウス,本体と線でつながっていないじゃない。え?Macは基本無線マウスなの?いや有線だからこその安心感ってあるじゃない。おれ,あの人とつながっているんだという実感があるじゃない。え?そこまで言うなら別に有線のマウスをUSBケーブルで繋げば普通に使えるって?それだったらMacの意味ないじゃない。


こうしてぼくは,兄弁からの不定期Mac口撃に対し,真っ向から立ち向かい,完全論破していったのです。


【ビックカメラ事変】

とある事件で思いの外の報酬が入ったぼくは,そろそろWindows XPを買い換えようと思いました。

ちょうどその頃,愛しのWindowsは「Windows 7」をリリース。前バージョン「Windows Vista」からどのように進化するのか,7に対するユーザーの期待は最高潮に達していました。

ところが,ぼくのところに届く7に対する噂は悪いものばかり。やれ「(動作が)重い」だの,「逆に使いにくくなった」だの,抽象的な批判ばかりで非常に腹が立ちました。

何を言っているんだ,動作が重いのなんて,Windowsの仕様じゃないか。そんなこともわからないのか新規ユーザーは。

あれは土曜日でした。よし,パソコンを買おう。おれのWindowsに対する愛を兄弁に見せつけてやろう。そうだ,ビックカメラに行こう。


店員「いらっしゃいませ。」

ぼく「Macください。」

店員「在庫ありました。郵送だと明日の時間帯をご指定いただけますが。」

ぼく「買ったらすぐ触りたい派なので,今日ください。重くても持って帰りますから今日ください。」



兄弁「あれ?」

ぼく「すいません初期設定はしたんですけど,ここがわからないのと,あとオススメのアプリがあったら全部ダウンロードしてください。」



【ぼくとWindows】

ぼくのWindowsに対する愛は変わっておりません。特にXPとは苦楽を共にした仲です。

Windowsを裏切ったわけではありません。

その証拠に,ぼくのMacの中には仮想世界を作り,その中にWindows7が入っています。

Windows8は入れていません。「どうしても8を買うなら7の仕様に変更できる別売りのソフトを抱き合わせで買うべき」という風の噂を聞いたからです。でも嘘だと思ってます。

そんなぼくとWindowsも,年に1回しか会えません。

そう,弥生会計という優秀な会計ソフトがWindowsにしか対応していないからです。

年に一度,確定申告のときだけ逢えるWindows…。織姫と彦星のような関係です。

そして,そろそろ確定申告の準備をすべき時期に来ました。やっとWindowsを逢えr






















…………。


























くた◯れWindows!!

動作がよ!!重いんだよ!!

寝起きがよ!悪すぎんだよ!!

今まで弥生会計のためにお前と付き合ってきたけどな!残念だったな!おれの愛はもうMacに移っていたのだよ!

お前とは弥生の付き合いだけだったのだよ!アーハッハッハ!!


サヨナラWindows


(今日の一言)

こんなブログを更新してしまうほど,弥生会計の英断に歓喜した。










にほんブログ村 士業ブログ 弁護士へ
にほんブログ村

2015年1月10日土曜日

刑事弁護についてものすごい控えめに話してみた。

「刑事弁護でもっとも大事なことは,『愛』だ。」


去年高校生の模擬裁判のお手伝いをして,最後に一言求められたので,生徒にこう言った。

そしたら近くにいた後輩弁護士に笑われた。


新年明けましておめでとうございます。渡部です。


とあるきっかけで去年やった模擬裁のことを振り返る機会があり,そういえばそんなことあったなと思い出しました。

なんで笑われたんだろう。笑いを取りにいくつもりはなかったのに。あれか,普段お茶目なキャラなのにこんなことを真顔で言ったからダメだったのか。

で,あのときは時間の関係もあって,なんで私がそんなことを言ったのか,生徒にきちんと説明できてなかったなーと思い,今更ながら筆をとった次第であります。

とある情報筋によると,当時関わった高校生はこのクソダメみたいなブログをチェックしているらしいので,今回はあの子達向けの更新です。

こんなクソダメ読んでいる暇があったら期末試験の勉強でもすればいいのに。


========================================


弁護士になって,友人から聞かれる質問ナンバーワンは,「なんで悪いやつの味方してんの?」です。

なるほど。



至極まっとうな疑問だと私も思います(真顔)



正直私は弁護士7年目。まだまだ弁護士としての技量の足りなさを痛感する毎日です。

刑事弁護のなんたるかなんて,語れるほどのキャリアも実績もありません。

幸いなことに,私はロースクールでものすごい腕を持つ弁護士の先生に刑事弁護の授業を教わることができました。

ただちょっと昔のことなんで授業の内容覚えていません本当に申し訳ござません。

だから,これから話す内容は,私個人の考え方ですし,今まで関わった人たち,事件,生きていく上で形成された性格などが総合的に重なり合って生まれたものであることをご了解ください。


話を戻します。

「なんで悪いやつの味方してんの?」という質問に対して,「それが仕事だから」という答えは,私は答えになっていないと思っています。

仕事というのは,何らかの意味があるからこそ仕事として成り立っているわけで,その答えはもはや禅問答に等しいと思っています。

「なんで悪いやつの味方してんの?」という質問に対して,「本当にそいつが悪いことをしたかどうか分からないじゃないか」という答えは,私はその通りだと思います。

無罪事件における被告人の負担は想像を絶するものですし,それがましてや再審無罪とか,被告人にとっても,被害者にとっても,あってはならない事態であります。

ただ,日本のおまわりさんはかなり優秀なので,全体の件数から見れば悪い事してない人を捕まえる確率っていうのはやっぱり低く,実務に出ればわかることなんですけど,結構本当に悪い事している人が捕まっていることが多いです(あくまで個人の感想です。)。

じゃあ私が「なんで悪いやつの味方してんの?」という質問に対して,「本当にそいつが悪いことをしたかどうか分からないじゃないか」と答えているかというと,そうは答えいません。

自白事件だって一生懸命やってますし,まぁ要するに「悪い事をやった人を弁護」しています。

ただ,それは「仕事だから」とか「生活のため」だからとか,そんなことは思っていません。




だって金のためにあんな頭おかしくなるような試験(注:司法試験)にチャレンジするなんてあり得ないじゃないですか!お金稼ぐならあれ(注:試験時間だけでも丸一週間もある司法試験)よりもっと楽な方法があるはずだ!



私の本音が見え隠れしましたが,我々はもっと志あってあの試験に臨んだはずです。「悪いやつの味方をする」なんて言葉で片付けられる仕事ではないはずです。



じゃー,私がどう思っているかというと,「なんで悪いやつの味方してんの?」という質問に対してどう答えているかっていうと,



「そいつをひとりぼっちにさせないため」



と答えています。

持論ですが,犯罪が無い社会というのはあり得ません。多数の人間がコミュニティーを形成する以上,様々な考え方をもった人間がいて当然ですし,コミュニティーの規模が大きくなればなるほど,ルールを破る(あるいは破ってしまう)人間が出現する可能性は統計的に増えるはずです。

とは言いつつも,この分業社会,人間が生きていくためには,コミュニティーを形成することが必要不可欠です。

要するに,人間が生きていくためには,コミュニティーを形成することが必要であり,そのコミュニティーには違反者(犯罪を行う,あるいは行ってしまった人)が出現することは必然であり,その結果,人間が生きていくためには犯罪者が生まれるコミュニティーの中にいなければならないということになります。



そう。「犯罪を行ってしまった人も含めてコミュニティーを形成する必要がある」というのが私の考えです。

犯罪を行ってしまった人をコミュニティーからパージすることはできません。

そのためには犯罪行った人全部を死刑にし,それでも犯罪は生まれるからどんどんどんどんパージ(死刑)し続けるというどこかのス◯ーリンも真っ青な社会のシステムを築かなければなりません。

ちなみにですが,みなさん「犯罪」をどこかよその話と思いがちですが違います。

「犯罪」は日常的に起こっていますし,あなたの近くでも日々起こっていますし,あなたが犯罪を行う可能性だってあります。

「自分は犯罪なんてしない,悪い事なんてするわけがない。」という方も多いでしょう。

ご安心ください。捕まっている人の99%はそう言っています(注:個人の感想です)





捕まったら大変です。学校にはいけない,会社にもいけない,人と会えない,いっぱいキツいことあります。

が。

何が一番きついって,捕まったことにより,友人,家族からも見放されて,本当の意味で孤独を味わうことです。

これ,本当に辛いんです。もちろん,ご家族も辛いことは十分わかりますが,本人が一番辛いんです。この世で一人っきりになったことあります?想像できます?本当に自分が存在している意味がわからなくなったことあります?なんで警察の差し入れにひも付きのズボンとか禁止されてるかわかります?孤独に耐えられなくなって自殺することを防ぐためなんですよ?留置所とか本当にキツいんですよ?



(注意事項)
当職に前科・前歴はありません。誤解しないでください。



だからおれら(弁護人)がいるんだ。



絶対に一人にはさせちゃいけないんだ。

社会に必要無い人間なんていないんだ。

それは犯罪を行ったとしても,社会になんの還元もできない人なんていないんだ。

これはおれ個人の考え方なんだけど,本当にそうなんだ。

死刑が執行しない限り,必ず犯罪を行った人はその後社会に帰って来るんだ。

おれらはそういう人たちも含め,いろんな人たちとコミュニティーを形成しないと生きていけないんだ。

だったら。

社会に帰ってくるとき,一人でも,たった一人でも,それがビジネスで「弁護人」という立場だったとしても,親身になって話聞いてくれた人がいるのといないのとでは,その人のモチベーションが違うじゃないか。

ましてや,その人が犯罪を行っていない人だったら,絶対に一人にさせちゃいけないじゃないか。

おれらは寄り添って,身を呈して,その人をいろんなことから護るんだ。

「守」るじゃない,「護」んだ。この漢字が使われている意味は,ここにあるんだ。

「守」じゃない。もっと寄り添う,「看護」とか「護衛」とかに使われる「護」の字が使われている意味はここにあるんだ。

「護」の意味は自分で広辞苑ひいて調べるんだ。自分で調べる癖を高校生のときからつけておかないとろくな人間にならないから気をつけるんだ。

ひとりぼっちにさせないのがおれらの仕事だ。

でもその人は初めて会う他人だよ?どうやってそんな覚悟をするんだい?

そうだね。ここでようやくはじめの一文に戻るんだね。

初対面の人間を「護る」気持ちになるためにはコツがいるんだ。

なーに,簡単だ。それはね,



人間のことを好きになればいいんだ。


そう。


人を愛する気持ちを持てればいいんだ。


だから偉そうに言おう。

技術は知識も必要だ。だけどこれが無いと刑事弁護は始まらない。

刑事弁護でもっとも大事なものは「愛」だ。

========================================

ちゃんと説明できてスッキリしました。

現在午前2時。寝ます。










にほんブログ村 士業ブログ 弁護士へ
にほんブログ村