2015年8月12日水曜日

手紙

【本日のスペック紹介】
(年齢秘密)
職業会社員。
小・中・高と神奈川県内の公立学校を優秀な成績で卒業する。
最近,「実は高校受験で模擬裁判選手権準優勝校の法政女子を受けようとしていた。」と告白。
しかし,家からそう遠くない公立高校の進学へと切り替えたため,その後永遠(仮)の伴侶となる「」と出会ってしまい,残念な人生を送っている真っ只中である。

(1981年生まれ。年齢秘密の妻と同学年。)
職業弁護士。
小学校では優秀な成績を修めるものの,何故遊びより学校を優先させなければならないか自問自答を続ける。
中学校頃から登校頻度が下がりだし,担任の教師がの出席日数の計算をすることが日課となる。
高校の頃には部活の時間以外学校に顔を出さなくなり,生徒を留年させるか否かを決する職員会議にノミネートされ始める。
同時期,の仲間をフル活用し,当時同級生だった圧倒的人海戦術を用いたストーキングを行い,口説き落とすことに成功。弁護士になるとほぼ同時期に婚姻届に判を押させる。




「ただいま。」
「おかえり。どうしたの。なんか難しそうな顔をして。」
「まずはこちらをご覧ください。」
「これは手紙ね。」
「そうです。」
「しかも女性からの手紙ね。」
「事務所に送られてきました。」
「嫌な予感しかしないわ。」
「とりあえず中を読んでみてください。」
「え?読んでいいの?」
「はい。貴女のことも書いてありますから。」
「まさか…!不倫相手からの手紙では…!」
「それじゃあぼくちょっとシャワー浴びてくるから。」

〜30代半ばのおっさんの貴重な入浴シーンをご想像ください〜

「お先にご無礼しました。」
「あなた!これ!◯◯ちゃんからのお礼の手紙じゃないの!」




【本日のスペック紹介2】
◯◯ちゃん
職業高校生。
の昔の教え子。
学生にも関わらず,卓越した理論構成能力を持っており,が大変褒めていたのをも聞いており,我が家では「◯◯ちゃん」で通じる。ものすごい純粋な心を持っており,断じてと恋仲にあるわけがなく,むしろたぶんは親御さんと歳が近い。





「良かったじゃない!あなた,すごい感謝されているわよ!」
「そうですね。」
「私がこんな手紙をもらったら泣いてしまうかもしれないわ!」
「そうかもしれないですね。」
「なんでそんなに冷静なのよ。」
「いや,嬉しいですよ。嬉しいけども。」
「なにが不満なのよ。」
「いや,不満はない。いいか,その興奮は一度置いて,その手紙を冷静にもう一度よく読んでみろ。」
「どういうこと?」
「まず,お前はこの手紙の書体を見て,『不倫相手からの手紙』だと思った。そうだな。」
「!!!」
「流石だ。気がついたか?」
「字が達筆すぎる!!」
「そうだ。その通りだ。相手はまだ高校生だ。」
「忘れていたわ。◯◯ちゃんはまだ高校生なのね。」
「まるでWordで行書体で書いたような読みやすさだ。これ,自筆なんだぜ。」
「私より綺麗だわ…。」
「おれより綺麗だ。」
「あなたの字は古代文字みたいだから比較対象にすらなり得ない。」
「そして冒頭をみろ。高校生が,『拝啓 猛暑が続いておりますが…』なんて書き出しするか?」
「しない。いや,できない。」
「見ろここを。『お返事』じゃなくて,『御返事』になってる。『御』なんてパソコンの世界しか出てこないと思っていたぜ,おれは。」
「そう言われてみると,この子,すごく頭の良い子ね。文章からにじみ出ているわ。」
「この手紙の読みやすさの秘密は他にもある。各ページの文末をみろ。」
「はっ!」
「そうだ。一文が次ページにまたがないように調節されている。」
「ほんとだ!」
「これを狙ってやっているのか天然でやっているのかはさておき,ものすごい気遣いだ。」
「道理で読みやすいと思った。」
「しかも誤字がない。おそらく何度も書き直したのだろう。」
「あなたは自分のブログの誤字ですら放置するのにね。」
「そうだな。」
「ところであなた。」
「なんだ。」
「シャワーから上がったんだからそろそろ服を着てくれないかしら。」



〜30代半ばのおっさんの貴重な着替えシーンをご想像ください〜




「『奥様にも宜しくお伝えください』とか,素敵だわ〜,◯◯ちゃん(上機嫌)」
「・・・・・・」
「そんなあなたはなんでさっきからテンション低いのよ。これだけ書いてくれたのよ。もっと喜びなさいよ。」
「よく考えてみろ。」
「なに?」
「おれが高校生の頃,これ(このレベル)が書けたと思うか?」
無理ね。私も無理だと思う。」
「おれは昔から,こういう大事なことを全く学ぼうとしなかった。」
「大丈夫。今もよ。
「そしてそんなおれは,この子たちに偉そうに講釈たれてしまった。
「それが?」
「正直ヘコんでいる。」
「wwwwwwwwww」
「おれはこの子の倍は生きているけど,この子の方がずっとしっかりしている。」
「wwwwwwwwww」
「おれはいったい,今までなにを考えて生きてきたんだ。」
「大丈夫。みんなそうよ。私だって,高校時代,部活帰りに今川焼き食べた思い出しかないわ。」
「おれはそんな今川焼き食ってる女のケツを追いかけていた。」
「なるほど。◯◯ちゃんのお礼の手紙がしっかりし過ぎていて,逆に自己を省みているわけね。」
「私は貝になりたい。」
「大丈夫よ。あなたはずっとサッカーをやっていて,私とは違って,体育会系の礼儀みたいなのをしっかり学んでいるじゃない。」
「上を敬い…下の面倒をみる…体育会系の心…」
「そうよ!思い出して!いつもの面倒くさいモードに入る前に自分を思い出して!」
「高校のときにね,気に入らない先輩がいてね,その先輩を思いっきり(以下略」
「その話は初めて聞いたわ。」
「可愛がってた後輩がいてね,スコアが動いたときに興奮してその後輩の頭を(以下略」
「その手の話にことを欠かないわねあなたは。」
「もう法教育とか,偉そうにするお仕事から撤退しよう(真顔)」
「でも好きでしょあなた,人に教えることが。好きなことをやって感謝されているんだからいいじゃない。」
「もうダメだ。弁護士を辞めるしかない。」
「毎月言ってるわよね,それ。」
「もっとしっかりとした人間になりたい。」
「無理よ。」
「!!!」
「私は人生の半分ぐらいあなたを見ているのよ。あなたがしっかりした人間になれるのなら,とっくになっているわ。」
「!!!!!!」
「だいたいあなたはね,物事を,大切か否かで決めるのではなくて,『面白いか面白くないか』で決める時点でダメなのよ。芸人さんはそれで人を楽しませてお金をもらっているからいいの。でもあなたは芸人ではないわ。予備知識なしで司法試験受けるとか,なんで人生の分岐点で体を張ろうとするのよ。周りから見ている人たちは喜んでくれているけど,もっとあなたの側にいる人たちがどれだけ振り回されてきたか。だいたいただでさえ天然パーマなんだから,もっとしっかり髪をセットしないと,周りの人からどう見られてるかわかってるの?独立前はまだ事務員の皆さんがいたから良かったわ。独立した途端やりたい放題じゃない。いい?もっとしっかりとした・・・



(今日のおまけ)

おれはおれだから,こうしてネタにしてしまったけど,本当に手紙嬉しかったよ。ありがとう。

今までいろんな人から手紙をもらったけど,弁護士をやってて良かったと,少し思えた。

昔,有名な人がこんなことを言っていた。

「人は幼い頃,全てを知っている。」
「人は大人になると,全てを忘れる。」
「人は老人になると,全てを思い出す。」

確かこんな言葉だった。

どういう意味なのかはよく調べていないけど,おれは,「人間は,大人になると小さいときに知っていた大切なことを忘れてしまい,歳をとって死が近づくと,その大切なことを全て思い出す生き物である。」と理解している。

忘れないように,忘れないように,少しずつ歩いているつもりでも,君たちみたいな子に出会うと,はっとするときがあるんだよね。

正直なところ,法教育をやっていると,こっちが学ぶことの方が多いんだ。

だから君たちが知っている弁護士は,皆,生き生きしているでしょう?

みんな,好きでやっているんだ。

好きなことを仕事にすることは本当に難しいことだけど。

仕事を好きになることは,こういうふとしたきっかけで得られるものなんだ。

だから,ありがとうございました。

またね。


にほんブログ村 士業ブログ 弁護士へ
にほんブログ村

2015年8月1日土曜日

法政女子さんへ(雑感)

一日に二回も更新するブロガーの鑑。渡部です。

前記事のとおり,この記事は法政女子のことを書こうと思ったけどやめました。

だってよく知らないし。

そこで,大会全体を通して見た雑感を,法政女子の皆様宛(という体にして)書こうと思います。


=========================

今回,出場された皆様におかれましては,一つのことだけ考えて,いや,考え続けて頂きたいと思います。

一つだけです。

それは,「プレゼンテーションは自分以外の他者のためにあるもの」ということです。

相手への伝え方,と言い換えても言いかもしれません。



今回の教材に取り組まれ,「多角的なものの見方」というものを体感されたと思います。

被告人の目線,証人の目線,様々な目線があり,それぞれの立場に立つことにより,一つの事象が様々な顔になるということは既にご承知だと思います。

私は後進の指導の際,「自分が見えている世界が全てではなく,人の数だけ世界がある」というようなことを偉そうに言ったりします。

そういった経験をされたことは,今後,そのようなものの見方を習得するのに大いに役立つことでしょう。



ただ,それだけではいけません。自分が多角的な見方をできたところで,その時点では多角性は自己の中で完結しており,その素晴らしい見方を他者に伝達できてこそ,意味があるのです。



実はこれは大変難しいことでして,はっきり言って,現場の弁護士でも試行錯誤しているところです。

例えば,今回,皆さんは「論告」「弁論」という,言わば裁判官(裁判員)に自身の意見を伝達するという特殊な経験をされました。

尋問で出た結果や,他の証拠から推測される事実をいろいろ自分なりに検討されたと思います。

そして,それを余すこと無く,論告弁論に反映させようと努力されたはずです。

その方向性は,決して誤ったものではありません。



他方,裁判官や裁判員の立場に立ってみましょう。そうです。あなた方が証人や被告人の立場に立って物事を考えたときと同じことをやってみるのです。

裁判官は裁判が始まるまで,証拠を見ることができません。あなた方のように,証拠が精査できていないのです。そしてそのまま冒頭手続きが始まり,尋問が始まるのです。

裁判官はまだプロフェッショナルなのでいいかもしれません。しかし,素人の裁判員はどうでしょう。どこがこの事件のポイントなのか,きちんと把握した状態で尋問に臨めるでしょうか。

もちろん,本当に上手な尋問というのは,尋問対象者との会話のような流れになり,聞いているだけである程度事件のポイントが分かってきます。だけど,このように上手な尋問ができるのは,弁護士の中でも数が限られてくると思います。当然,私はまだまだその域に達していないと思いますが。



そうすると,論告弁論は非常に大きな意味を持ってきます。なぜ冒頭陳述で事件の読み上げをしたにも関わらず,尋問等の証拠調べの後に論告弁論を行うのか。ここを是非考えてみて頂きたいと思います。

論告弁論は,要するに「事件のまとめ」です。

今まで出てきた複雑な証拠構造を整理し,裁判官が判決を書く前に,正確な事件像を裁判官に伝える。これが論告弁論の持つ意味の一つです。



ここでよく陥りがちなのが,「自分のための論告弁論になっている」ことがあるということです。

自分は証拠を精査しているという自覚があるし,裁判官もある程度「ここは分かってくれている」という慢心もあるでしょうし,そもそも証拠構造というものは考えれば考えるほど複雑になります。

そして,それをそのまま裁判官に伝えてしまうと,裁判官が事件の全体像というものを誤ったまま判決を言い渡す作業に移行してしまうということです。




繰り返しますが,論告弁論は自分たちのためにあるのではありません。裁判官や裁判員のためにあるのです。



話は変わりますが,私の尊敬する偉人の一人に,スティーブ・ジョブズ氏がいます。Apple社の創業者で,ここで書くまでもないぐらい現代のネットワークシステムに影響を及ぼした人物ですが,一点,ジョブズ氏の才能の中で特筆するものがあります。


それは,プレゼンテーション能力です。


機会があったら,ジョブズ氏のプレゼン動画を見てみて下さい。iPhoneの発表プレゼンや,大学の卒業式のゲストスピーチや,様々なものがあります。

様々なものがあるのですが,ジョブズ氏の話の入り方は,実は一種類です。



「私はこれから◯◯,△△,◇◇の3つのことについて話そうと思います。◯◯,△△,◇◇の3つです。」
「私がこれから取り組もうとしていることには,3つの問題があります。◯◯,△△,◇◇です。この3つをどうするか,これからお話します。」



ジョブズ氏は,必ず話す項目を「3」に設定します。厳密に言えば,「原則3。できればそれ以下。多くても4。」です。

そしてその話す項目を必ず述べた上で,本文に入ります。手元の原稿なんて見ません。必ず全ての聴衆の顔を見て,今自分が話していることが他者にどのように伝わっているのか,伺っているのです。

そしてプレゼン中,その「3」つの項目をとにかく繰り返すのです。繰り返して繰り返して,聴衆の脳裏に焼き付けるのです。

実はこの「3」というのには理由があり,人間が一つの話の中で記憶できる最大量が「3」と言われているためです。普段受けている授業を思い出して下さい。先生の言っていることを全て覚えている授業は無いはずです。むしろ,先生の話が脱線して面白くなったときや,先生が何回も繰り返し使わせる公式の方が脳に焼き付いているはずです。




話を戻しましょう。私は,これは裁判でも同じだと思っています。

裁判官も裁判員も同じ人間です。自分のことではない第三者の事件の意見を10分間延々聞かされて,全て頭に残るはずがありません。何故なら人間の脳はそのような仕組みになっていないからです。

そのため,裁判官に「これだけは伝えたい(=記憶して欲しい)ところ」を強調する必要があります。

自分が分析した事件結果は,漏れなく裁判官や裁判員に伝えたいのが人情だし,その姿勢は間違ってはいないのですが,繰り返しますが「プレゼンテーションは自分以外の他者のためにあるもの」ということです。自分が「言い切った」と満足するために論告弁論があるのではなく,「裁判員に理解させること」に重点を置くべきです。

論告弁論で,冒頭陳述をなぞるやり方を賞賛する弁護士もいるかもしれませんが(なんか去年そんな人いたと聞いた),ぼくはそれは論告弁論の意味はないし,裁判員も飽きると思います。

飽きられたらおしまいです。その後どんな良いこと言っても聞いてもらえません。だからこそ。「伝え方」が大事なのです。あくまで自己完結する「報告」ではなく,他者との「対話」が論告弁論です。

法政女子さんも含め,ぼくはほとんどちゃんと戦いを見ていない(知り合いの先生に挨拶したり遊んだりしていた。)し,記録もちゃんと読んで構成を練っていませんが,楽しい論告弁論はいくらでも思いつきます。ぼくが面白いだけでは意味がありません。相手が面白くなってもらわなければなりません。それが「プレゼンテーションは自分以外の他者のためにあるもの」ということです。

例えば,今回の教材は論告の方が難しかったと思います。各校どんな論告をしていたかぼくは知りません。知りませんが。

「…(前略)さて,本件では弁護側が実行行為それ自体,ないし殺意も争ってきているのでしょうか?そのような事件であります。殺人の実行行為が行われていないというのが弁護人の主張なのでしょう。しかし皆さん,よく思い出して下さい。キーポイントは,「南供述」,「被告人の犯行前の行動」,「被告人の犯行後の行動」です。もう一度言いますよ?「南供述」,「犯行前の行動」,「犯行後の行動」です。この3点を中心に考えて行きたいと思います。まず「南供述」です。視認条件も十分な状況下で,証人は被告人の実行行為を「見た」と言っているんです。いいですか,「見た」と先ほど,この法廷で,宣誓もした上で述べたのです。(以下略」

ちょっと面白そうなの始まりそうでは無いですか?

「(前略)まず検察官が軸にしている「南供述」について考えて頂きたいと思います。弁護人の意見では,この「南供述」は全く信用できません。正確に言えば,「被告人の実行行為を見た」という限りにおいて,信用性はゼロでしょう。先ほど,検察官は南供述の信用性を縷々述べておりましたが,結論から申し上げて,証人はそのような事実を見ていない可能性が極めて高いと言えます。その際ご検討頂きたいのが3点。3点だけです。まず,思い出して頂きたいのが,「何秒見ていたのか」という質問に対する答えです(以下略」

これ以上内容に踏み込むと日弁連のえらい人からなんか来るかもしれないから書きませんけど,ぼくだったらこんな入りをするだろうなと思いました。

プレゼンテーションとは,相手があることであり,相手がたまたま発言しない(発言できない)というだけであり,基本,「対話」であることを忘れてはいけません。

きっと,「論告弁論では,重要な項目ほど,最初に挙げて行った方がいいよ」というような話を支援弁護士から聞いたかもしれませんが,それは,重要なことを最後の方に言うと,相手が「飽きていて聞いていない」ことがあるからでもあります。

論告弁論は,あくまで裁判員との「対話」なのです。




さて。この「伝え方」の話は非常に難しく,ぼくも使いこなせていません。

賢明なる読者の方はお気づきかもしれませんが,本投稿は繰り返し「プレゼンテーションは自分以外の他者のためにあるもの」というフレーズを焼き付けようとし,そしておそらく失敗しています。眠い中書いているから仕方ないね。

さて。伝える能力は,別に裁判に限った話ではありません。

面接の場,授業中の発言の場,交友関係の場,他者と触れ合うありとあらゆる場で必要になる能力です。

その都度,時と場所とシチュエーションに応じた伝え方を考えなければなりません。

多角的なものの見方で満足しないで下さい。それは,料理で例えるなら「新鮮な食材を仕入れられるようになった」に過ぎません。

伝えるということは,「仕入れた食材をお客様に提供する」ということです。どんなに自分が頑張った料理でも,美味しくなければ客は去ります。

そう,料理はお客様のためにやるのです。プレゼンは聞いてくれる人あってのものなのです。その根本を,歳を重ねれば重ねるほど,地位を得れば得るほど,人間というのは不思議と忘れて行くものなので,是非,この夏培ったものを,ご自身の糧にして頂き,適当な人生を送って下さい。

頑張らなくていいです。適当ぐらいがちょうどいいとぼくは思います。



(今日の一言)
ジョブズみたいなプレゼンは無理だった。


にほんブログ村 士業ブログ 弁護士へ
にほんブログ村

法政大学女子高等学校様へ

ブログ更新意欲ゼロです。でもたぶんすごく長くなると思います。

まずはこちらをご覧下さい。
【日弁連・第9回高校生模擬裁判選手権のページ】
http://www.nichibenren.or.jp/event/year/2015/150801_2.html

ご覧のとおり,本日,全国各地で高校生達が修習生顔負けのレベルの刑事模擬裁判を行い,その優劣を競うという,夏休みなんだから他にやることがあるだろう貴様ら高校生に多角的な物事の見方等を学んでもらいつつ,他校と切磋琢磨して頂くという大変高尚な大会が開かれました。

関東大会は,静岡の強豪,静岡県立浜松北高等学校が過去大会最高レベルの強豪達を打ち破り,本大会初優勝を飾りました。

実は関東大会,湘南白百合高等学校というところが8連覇をしており,王座が一度も神奈川から動いていなかったんですけど,見事優勝旗を神奈川から奪い取るという大快挙でした。

浜松北の皆さん!おめでとうございます!(お前らガチ過ぎ。)


さて。

そんな高校生三大イベント(通称「甲子園,国立,霞ヶ関」)の一つである高校生模擬裁判選手権ですが,ぼくは数年前からこのイベントのお手伝いをさせて頂いております。

去年は湘南白百合を見事8連覇に導いたことで有名なぼくですが,あまりの大変さに,「もう二度と呼ばないで下さい。」と当会法教育委員会に宣言したことは記憶に新しいところです。

そんなぼくは今年何をやったかというと,この関東大会の神奈川県予選があったのですが,

T先輩「ねえねえ。」
ぼく「嫌な予感しかしないですけどなんですか。」
T先輩「高校生模擬裁判選手権なんだけど。」
ぼく「ちょっと何言ってるのか分からない。」
T先輩「安心しろ!今年は去年みたいなボリュームのことは頼まない!」
ぼく「やだ!かっこいいT先輩!『関わらない宣言』したのに模擬裁判の話を持ってくるあたりどうかと思うけどそれを差し引いてもかっこいい!惚れる!」
T先輩「今年の予選の証人役なんだけどね。設定が『ヒモでクズで本当にダメ男』っていう設定なんだ。」
ぼく「それで?」
T先輩「察しろ。」

予選の証人役を引き受けることになりました。理由は分かりませんが,当会委員長は「適材適所だ。」と言っていました。

要するに,今回は運営側に回ったんですよ。出世ですね。現場肉体労働から本社雑用係への出世ですね。

神奈川県予選には,湘南白百合,法政女子,横浜国際,森村学園の4校が出場したんですけど,本戦と同レベルに近い戦いが繰り広げられた結果,本当に僅差で法政女子と横浜国際が本戦出場切符を取得しました。

ちなみに湘南白百合以外は全て初出場。全部本戦出したったらいいのにと思って見てました。

ぼくは一度湘南白百合の支援弁護士をしたことがあるので,白百合が敗退したことは正直あまりショックじゃありませんでした。そうだね。ぼくが支援弁護士していないからね。ぼくという存在の大きさが分かったかな?おれが毎日毎日江ノ島方面の渋滞にはまりながら学校に行ったことによる努力の重みというものを(以下略









ここまで前振りです。こんにちは。渡部です。

というわけで本題に入るんですが,やはり運営側と言っても神奈川の代表2校の晴れ舞台。ぼくは直接関わっていないけれども見に行きたくなるのが親心。行ってきました。

横浜国際,法政女子とも堂々とした戦いぶり。すごい。おれは横浜国際良かったと思うよ。あんまり見ていないけど良かったよ。法政女子も良かったよ。正直ほとんど見ていないけど良かったよ。

森村学園もそうだったんですけど,普通,こういう大会は学校が申し込んでくるんですけど,法政女子,横浜国際,森村学園は,生徒が自分で応募してきて仲間を募り,学校側の承諾まで取り付けるという,「生徒の自主性ってこういうことを言うんだな。」というドン引きガツガツ系高校生だったようです。そりゃあのレベルまで持ってくるわ。軽く引くわ。

湘南白百合も含めですが,そう言った生徒自身の主体性を尊重しているこの4校はすごいと素直に思いました。

さて,そんな夏真っ盛りのある日,ぼくに不穏な情報が入ります。

「どうやら法政女子は『渡部ログ』(このブログ)を結構見ているらしい。」

ぼくは思いました。






法政女子は予選落ちする!(確信)






当たり前じゃないですか。このブログには模擬裁判に当たって参考になること一切書いていませんからね。これ読んでいる時間があったら模擬裁判の記録読んだ方がいいよね。

ところがふたを開けてみたら初出場なのに準優勝してました。

なんなの?どれだけやる気に満ちあふれた高校生なの?しかも逆に優勝できなかったことを残念に思ってるって,どれだけ高い意識でこの大会に臨んでいるの?ヒマなの?ぼくみたいにヒマなの?

で,閉会式後,法政女子の支援弁護士(こいつは同期弁護士でおれより面白いから嫉妬している。)のところに挨拶しに行ったら,法政女子の皆さんからこう言われました。


「ブログ見てます!」

あ,そう。

「私たちのことをブログで書いてくれませんか!?」

法政女子の教員の方々!今すぐこの生徒達の自主性の高さを止めるんだ!ぼくなんかよく分からないお願いされてる!

法政女子の選手達は全員すごく可愛かったんですけど,ただ残念,ぼくはロリコンではありませんでした。そう,ぼくのストライクゾーンは28歳以上の女性です。どう考えても女子高生のお願いを聞く動機になり得ません。

いや待て。10年後を見据えたら先物買いはあるかもしれないと思いましたが,その頃には更にぼくのストライクゾーンは高めに設定されているので,ブログ更新の動機になり得ません。

そんなことを言っていたら,隣で神奈川新聞の中の人(すごく良い人。)が,ボソリと言いました。

「先生,散々この模擬裁判を記事にしてくれって言ってきたじゃないですか。」
「言った。(しつこいぐらい言った。)」
「地域面で書くことになったんですけど,」
「すごい。」
「上にかけあったら社会面で行けそうです。(おれに対する当て付けのような目線)」


上等だ!書いてやるよ!法政女子のことなんにも知らないけど書いてやんよ!好き放題書いてやんよ!書いてやるけれども!

長くなったし,ちょっと夕飯食べてから続き書く。

  にほんブログ村 士業ブログ 弁護士へ
にほんブログ村