2017年8月15日火曜日

サッカー部の思い出

今日は昔話なのでタメになるお話0%です。渡部です。


最近,仕事の関係で,何故か「サッカー部時代どうだった?」という話になり,懐かしいのでここにしたためます。

======================

小学生からやっていたサッカーですが,私は中学卒業とともに辞めるつもりでした。
理由は弱小中学にもかかわらずスタメンとれないレベルだったからです。
高校は部活もせず,バイトでもして過ごそうと思っていたのです。

ところが,私が進学予定の高校は,「公立高校なのに監督がセルジオ越後と同じ釜の飯を食っていた(真偽のほどは不明)ぐらいすごい人で,公立高校なのに強い」という特殊な学校だったそうです。
当時,「学区」という概念が存在していたのですが,学区外からわざわざサッカーをするためにうちの高校に入る方もいらっしゃいました。

公立高校のため,スカウトとかはとてもできません。
そのため,監督から,在校生に対し,「入学予定者でサッカー経験者,かつ,見込みのある奴は,入学前の春休みの練習から参加させろ」という通達が出ていたようです。
ぼくの中学からはぼくとKが入学予定かつサッカー部ですから,先輩から上記通達が来ました。

K「源どうする?いきなり練習とか,緊張するから,できればお前と行きたいんだけど」
僕「あぁ,おれは高校でサッカーするつもりないから。」
K「マジかよ!やろうよ!」
僕「何より重要なのが,あの先輩,お前には通達しているけどおれのところにはとんと連絡がないということだ。
K「いやいや!『源も一緒に連れてこい』って言ってたから!お願いだから拗ねないで!」

そのような折,当時僕が好きだった子が,その高校の隣の高校に進学するという情報が入ってきました。

高校のサッカー部に入る。→当然練習試合とかする。→練習試合はきっと近隣の高校とすることがあるだろう。→その子の高校にも練習試合で行くかもしれない。→そうしたらたまたまその子が観戦しているかもしれない。→そのときの活躍によっては,恋が始まるかもしれない。

のちに弁護士になるほど聡明な頭脳を持っていた僕は,この仮説を10秒で構築。すぐに近くの公衆電話(時代を感じる)でKの自宅に架電。

僕「練習参加するぞ。」
K「おぉ!そうか!いつ行く?」
僕「明日にでも行こう。」

このように入学前の春休みから練習に参加が始まりました。
そして重要なことなので付言しますが,僕の好きな子の高校とは一度も試合をせず3年間が終わりました。

===================

入部してまず思ったのが,今までの僕のレベルからは桁違いでした。
たしか,1年生の選手権予選のときに初めて背番号をもらいましたが,到底試合に出れるわけもなく,チーム自体はベスト16まで進出。スタメンの先輩2名が県ベストイレブンに選出されていました。

当時の神奈川県予選は桐蔭,桐光学園,日大藤沢などの私立が上位にひしめきあい,公立高校で割って入れるのは弥栄,逗葉(僕が2年生の時,逗葉は神奈川を制し,全国ベスト16)など限られた高校で,ベスト16のうち,12〜13ぐらいは常連で占めていて,残りの枠を他の高校が狙う,という状況でした。

で,割とうちの高校はそこに割って入れる実力があったので,全国的には全くの無名でしたが,県下ではそれなりに名が通っていたと思います。

入部者も,最初は30人ぐらい参加しますが,夏までに一気に20人ぐらいまで減ります。僕の同期もそんな感じでしたが,3年生の最後の大会では,8人まで減っていました(忘れている奴いたらごめん。)。

ただここが高校部活ならではのドラマなのですが,辞める奴も,様々な理由で辞めます。
「練習が辛いから」という理由で辞めるのはむしろレアで,かなりの確率で自分の限界を知って,辞める奴が大半でした。
おれらからしたら絶対スタメン争い残れるのに,受験勉強との兼ね合いとか,日々のスタメン争いのストレスとか,後輩の台頭とか,様々な理由が複雑に絡み合って,決断します。
無論,そのような申し出をした場合,部員(特に同期)全員で止めます。それこそ1時間とか2時間とかとことん全員で話合ったりもしました。
最終的には本人の意思を尊重し,辞めて行くのですが,おれらからすると戦友で,ただ向こうからすると「途中で辞めた負い目」みたいなのがあって,廊下で会った時とか寂しい顔をしながら「最近部活はどう?」とか聞かれると,今でも目に涙がたまります。
少なくとも,僕の同期で,「練習が辛いから」という理由で辞めた奴は一人もいませんでした。

さてここで問題です。

弱小中学でレギュラーも取れずに,しかも邪な動機でこの部に入部した僕は,3年間,どのように生き残ったのでしょうか。

これは僕のサッカー感にもつながる話なので,時系列で追ってみましょう。

==================

【フォワード編】
監督「希望ポジションは?」
ぼく「中学はフォワードだったので,フォワードです。」

というわけで,最初はフォワードでした。

監督「おい。なんでお前はボールを持ったらドリブルでぶっちぎろうとばかりするんだ?」
ぼく「ぼくは足が速いので抜けると思って。」
監督「抜けてないよね?全然抜けてないよね?分かってる?お前のところで全部ボールロストしえいるの分かってる?パスって知らないの?
ぼく「ボール持つと視野が狭くなって実はよく分かっていません。」

1か月ほどでフォワードをクビになりました。ベンチでポカリスエットを作る日々が始まりました。

==================

【オフェンシブハーフ編】
下積み生活をしていたら,スタメンを発表する作戦盤(名前付きマグネットをペタペタ貼るタイプのやつ)に僕の名前が。オフェンシブハーフ?

フォワードから一列下がったおかげで,ポストプレーとかしなくて済むし,結構楽しい。勝手に動いても後ろがカバーしてくれるからここ良いな。

監督「源,次から出なくていい。」
ぼく「は?なんで?」
監督「試しに使ってみたが,お前には技術とセンスがない。

じゃあなんでここで使ったんだという話になりますが,とにかくクビになりました。ただ,オフェンシブハーフは,この後,人が足りないときにちょこちょこ使ってもらうことになります。

=================

【ストッパー編(ディフェンス)】
相手のフォワードをほぼマンマークする,ストッパーのポジションに僕のマグネットが作戦盤に。

普通,ディフェンスはフィジカル強い人がやるもんですが,ぼくのスペックは170センチ,体重56キロ(体脂肪2%)。どう考えても作戦盤のマグネットが間違えた位置にあると思って監督に確認したぐらいです。

ところが,個人的にはこれがどハマりしました。そもそもディフェンスは,「ボールを扱わなければならない攻めの人」と「カラダ一つの野獣」の戦いです。普通にやったら後者が勝つのは当たり前なのです(ただしメッシ除く)。
僕は足が速かったのでぶっちぎられることはないし,そもそもディフェンスの基本は「パスを受ける前にカットする」ですので,フィジカル勝負に持って行く前に勝負をディフェンスからしかけることができます。

そして,これ以降,かなり長期間ストッパー職人として研鑽を積むことになります。

================

【サイドハーフ編】
ストッパー職人としてやりがいを感じていたある日,またもやポジションチェンジの指示がでました。
今度はサイドハーフ(サイドバック)です。
どうやら1対1のディフェンスでほぼ負けないようになった僕に,次のステップを与えた監督の配慮のようです。

基本相手に抜かれず(サイドを突破させず),機をみて上がれ,と。
幸いうちのセンターフォワードはベンチプレス120kgをあげる肉体派だったので,適当に真ん中に放りあげればなんとかしてくれる。技術のないぼくでもこれはいける。
2年生後半ぐらいの時期だったんですけど,この時期はサイドハーフとオフェンシブハーフを交互にやらせてもらうような時期でした。

なるほど。監督はここまで見据えた器用だったのか。

===============

【スイーパー編】
ここで事件が起きます。「源スイーパー事件」です。
スイーパーというポジションは現在ではほとんど見ませんが,簡単にいうと,「ディフェンスの中の一番後ろ」です。
ここを突破されたらあとはGKだけ。ディフェンスの一番重要なところ。ここが安定しないことにはチームに勝ちはない。そんな重要なポジションを,「チームで最も技術のない男」と監督に言われた僕が任されることになりました。

しかもタイミングが最悪の(?)タイミング。

3年生に上がる前後のタイミングでのポジションチェンジ。しかも,この時期はインターハイ予選を間近にした,チームコンセプトを決定しなければならない時期。

間違いなく,チーム全体が,「源を最終ラインに置いて勝ち上がらなければならない。」という危機感に襲われました。

ただ僕にとって救いだったのが,レギュラーGKが同期で,しかも新入生に明らかに上手いGKが入ってきたという事情がありました。
監督からすると,「今まで馴染んだレギュラーGKで戦うか,それとも伸びしろがある新入生GKにするか」の2択です。今までゴールマウスを守ってきた自負のある同期GKは心中穏やかではなかったでしょう。

さらに救いだったのが,僕と同期GKはすごく仲が良くて,帰宅方向も一緒だったということです。
あれは彼の方から持ち出してきました。

同期「源。監督は源をスイーパーで行くのは確定だと思う。」
ぼく「たぶんそうだろうな。平面でこられたらある程度は大丈夫だと思うけど,高さの勝負になったらやばい。梅ちゃん(長身,座高も高い。)だけでは対処できないかもしれない。」
同期「おれは生き残りたい。」
ぼく「おれらもぽっと出のやつよりお前にゴール任せたい。」
同期「おれと源,あらゆるシチュエーションに対応できるよう,詰めておこう。源と相性が良いことを監督が分かれば,おれは生き残れる。」

彼の「生き残る」という言葉には驚きました。ただの部活動で,そこまで入れこめるチームメイトがいるということは幸せなことだし,「生き残る」というのはまさに僕も1年生のときからずっと思っていたことです。

それからほぼ毎日,同期GKと練習以外でシチュエーションの確認作業が始まりました。帰りのバスや教室,練習後のグラウンドならもちろんです。
ボールの位置によって,それこそ1m単位でどちらがどうポジショニングを取るのか,どちらがボールにアタックをかけるのか,どちらが声をかけて指示をするのか,指示がダブった瞬間,どちらの指示を優先するのか,細部まで詰めました。懐かしい。

そして事件が起きます。

===============
【スイーパークビ事件】
インターハイ予選直前,ぼくがスタメン落ちしました。

理由は明確で,「利き足ではない左足で50mのキックができないから」です(監督談)。

利き足ではない左足の強化は以前から指示されていたのですが,スイーパーに転身した際,「とにかくおれのせいで失点してはいけない」という恐怖観念から,全てのクリアボールを確実な利き足で行なっていたのです。
しかし,同程度のレベル相手ならそれでごまかせるんですけど,格上相手を見越すとそれでは到底行けません。
そこで,監督は,ある試合中,「源!左でクリア!」「左使えや!」「ひだりぃ!」「てめえ◯◯ついてんのかぁ!左使ぇ!」などと決して罵声ではなく,指示をしていたのですが,全部無視しました。

翌日の作戦盤からぼくのマグネットが消えていました。

代わりにキャプテンがスイーパーに入ったのはいいんですが,ぼくよりかわいそうなのは,あれだけぼくとコンビネーションを詰めた同期GKの時間です。

普通,3年生になってスタメン落ちとか,なぐさめてもらってしかるべきなんですけど,同期GKはぼくにブチ切れてました(なんでスタメン外れてんだ,左足云々とか言われた。)。

ぼくは落ち込んでいたというと,実はそんなこともなく,「今更左足が急激に向上するわけないだろう。右足を使った判断は間違っていない。」という間違った判断をしていたのでどうにでもなれ,と思っていました。

そしてついに最終局面が訪れます。

===============
【ディフェンシブハーフ編】
インターハイ予選数試合前(たぶん1か月くらい前),何故か作戦盤にぼくのマグネットが。
しかもディフェンシブハーフ(ボランチ)に。

同期はみな興奮していましたが,ぼくは意味がわからなかったので,監督に直談判に行きました。
これは割と本気の直談判で,ボランチ向きの一個下のやつがいて,どう考えてもそいつの方が適任だったと思ったからです。3年最後だからと言って,そんな理由でスタメンもらっても嬉しくない。

理由は以下のとおりです。
・中盤を仕切っていたキャプテンをスイーパーに下げたことにより中盤の厚みが減った。
・中盤に上手い奴はそろっているが,ハードワークができる奴も必要。
・上に行けば行くほどうちの部員より強い奴がいる。その対策を初戦からやる必要がある。システムとして試してみたい。
・期待しているのは本当に中盤のケア。攻撃参加はおまけでいい。
・ケースによってはディフェンスラインに入るというオプションも考えて置いてほしい。

ということでした。

ただ,うちの部員ならわかると思いますが,監督がこんなことを言うわけはなく,当時のほぼ原文ママのやり取りはこんな感じです。

おれ「あそこ(ボランチ)に置いて,おれに何しろって言うんですか。」
監督「おまえ,平面で(空中戦じゃなくて)止められなかった相手って覚えているか?」
おれ「暁星の前田です(注:現FC東京の前田遼一選手。当時U18日本代表)。」
監督「そんなん当たり前だろ。違う。もっと現実的なやつ。」
おれ「うーん。やっぱC先輩(上記神奈川ベストイレブン)ですかね。練習でも抜かれまくってましたかね。」
監督「うん。Cに対しては怪我の遠慮とかもあるだろうけど,仮にCのレベルの相手で,それが相手校だったらどうだ。」
おれ「どうですかね。相手によるんじゃないですかね。」
監督「お前は本当におれの言いたいことがわからないやつだな。」
おれ「と言いますと?」
監督「試合始まって5分も経てば,相手のチームで一番上手いってやつ,わかるだろ?」
おれ「わかります。」
監督「そいつを殺せ。」
おれ「(察した。)手段は?」
監督「イエローカード1枚までは許す。」

==============
なお,上記「殺せ」というのは隠語で,「相手選手をゲームに参加させるな。プレイさせないようにマンマークして,ゲームから消せ。」という意味です。

要は,ぼくと相手が潰し合えば,11対11のサッカーのゲームが1枚ずつ減って,10対10のゲームになります。

ところが相手チームの減った1枚というのは「攻撃の要」であり,他方我々のチームの減った1枚というのは「チームで一番下手くそ」ということになり,理論上はこちらのチーム有利ということになります。

将棋でいうならこちらの歩一枚で相手の飛車の動きを止められないか,というシステムです。

懐かしい話ですが,これが正直楽しくて,相手の嫌がること(ただしファールはしない)を繰り返し繰り返しやり続け,チームも後輩を含めた全員で勝ち上がり,そのまま引退しました。

サッカーに関しては,高校3年間であれほど生き残りのための努力と知恵を絞った濃密な時間を過ごせたと思い,一度はやめようと思ったサッカーで,あんなに幸せな経験ができて,もう十分だと思ってしまいました。その程度の選手だったということでしょう。

人間的には褒められたチームメイトではありませんが,実際当時は喧嘩ばっかりしてましたし,でも,あれ以上のチームに所属して本気の勝ち負けをかけてヒリヒリした試合をすることは,もう一生ないと思っているし,それだったら,あのチームをおれの最後のチームにしたいと思って,今はすっぱり辞めてしまいました。たまに遊びで蹴るのも悪くはないですけどね。

なお,おかげさまでGK以外全てのポジションを経験させてもらったので,草サッカーでは重宝します。足りないところぼくやるんで。

================

というわけで,お盆なので昔話を書いてみました。

懐かしいなぁ。

よく吐いたなぁ。

二度と戻りたくないなぁ。


にほんブログ村 士業ブログ 弁護士へ
にほんブログ村

2017年6月16日金曜日

あくまで個人的な見解です。

テロ等準備罪が参議院本会議で可決されました。


これに関し,賛否両論,世論が揺れていると感じています。


私は「否」の立場ですが,「賛」でも「否」でも,テロが許されないという想いは一緒だと信じています。


問題はこのテロ等準備罪の中身ですが,「否」の立場から,プライバシー権への過度な介入を危惧する意見が多く出ていますが,私の印象はそれと少し異なります。


この法律は,条文が美しくない。


テロを防ぐために,こんな抽象的な構成要件で令状が通ると思っているのだろうか。


こんな抽象的な構成要件で公判を維持しなければならない検察官の気持ちを考えたことがあるのだろうか。


実務家なら,条文の美しさを感じる機会が多々あると思います。


少なくとも,私の美意識には程遠く,今後,これに携わる検察官のご苦労を懸念します。



にほんブログ村 士業ブログ 弁護士へ
にほんブログ村

2017年6月14日水曜日

遡及効はないはずだから今のうちに書く!

今日は朝7時から働いています。眠いです。渡部です。

【毎日新聞・〈共謀罪〉今夜成立図る】
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170614-00000038-mai-pol

よし今夜なのか。今のうちに書いておこう。


================

まず,うちの国には「罪刑法定主義」というものがあります。

これは,「いかなる行為が犯罪となり,それに対していかなる刑罰が科されるかについて,あらかじめ成分の法律をもって規定しておかなければ人を処罰することができない」という刑法の基本的原則です。

この派生原理として,「明確性の原則」というものがあり,「刑罰法規が,できるだけ具体的であり,かつ,その意味するところが明確でなければならず,刑罰法規の内容があいまい不明確なため,通常の判断能力を有する一般人の理解において刑罰の対象となる行為を識別することができない場合には,罪刑法定主義に反し,そのような刑罰法規は憲法31条に違反し無効となる」とする原則です。

よく,刑法は学者の先生によって主義思想が変わり,◯◯主義ととったりとらなかったりしますが,この段落で引用している文章は,裁判所職員総合研修所監修の「刑法総論講義案」から引用しており,裁判所も同じ考えだと思います。

================

で,今回,テロ等準備罪を組織犯罪処罰法に組み込むらしいです。

実際の文言の一部がこちら。


第六条の次に次の一条を加える。
 (テロリズム集団その他の組織的犯罪集団による実行準備行為を伴う重大犯罪遂行の計画)
第六条の二 次の各号に掲げる罪に当たる行為で、テロリズム集団その他の組織的犯罪集団(団体のうち 、その結合関係の基礎としての共同の目的が別表第三に掲げる罪を実行することにあるものをいう。次 項において同じ。)の団体の活動として、当該行為を実行するための組織により行われるものの遂行を 二人以上で計画した者は、その計画をした者のいずれかによりその計画に基づき資金又は物品の手配、 関係場所の下見その他の計画をした犯罪を実行するための準備行為が行われたときは、当該各号に定め る刑に処する。ただし、実行に着手する前に自首した者は、その刑を減軽し、又は免除する。 

何を言っているかわからないので分解します。

①(目的)テロリズム集団その他の組織的犯罪集団の団体の活動として、
②(主体)当該行為を実行するための組織により行われるものの遂行を 二人以上で計画した者は、
③(実行行為)その計画をした者のいずれかによりその計画に基づき資金又は物品の手配、 関係場所の下見その他の計画をした犯罪を実行するための準備行為が行われたとき

は処罰されます。

どういうことかよくわからないのでさらによく見てみます。

================

①(目的)テロリズム集団その他の組織的犯罪集団の団体の活動として、

まず,「テロリズム集団」という言葉が出てきました。

よく考えたら私は「テロリズム」という用語をよく理解できていない。

こういうとき,法律家は日本語を大切にしなければなりません。

優れた弁護士の事務所には,六法全書と国語辞書が置いてあります(これは豆知識)。そこでぼくは広辞苑に聞いてみました。

〜広辞苑第六版より〜
テロリズム【terrorism】
①政治目的のために,暴力あるいはその脅威に訴える傾向。また,その行為。暴力主義。テロ。
②恐怖政治。

なるほど。テロリズムには二つの意味があるのですね。

①と②,今回はどっちの意味だろう。うーん。どっちだろう。

①の意味って,思想目的とか入らないのかな。そうすると宗教的思想に基づくけど政治を変えようとまでは思っていない人ってどうなるんだろう。難しいな。

②については簡単にイメージできます。


そうです。現政権ですね。


今の若い子は知らないと思うんですけど,昔,「アベノミクス」って言葉があったんですよ。

今はとんと聞かないですけどね。自分の名前つけて流行らないとものすごくさぶくて逆に恐怖すら覚えるということを当時の人は学んだのです。


現政権といえば,この法案を通す理由の一つとして,法務省のHPにこんなことが載っていました。


 3年後に迫った東京オリンピック・パラリンピック競技大会の開催を控える中,
このような国内外の組織犯罪情勢等を考慮すると,テロを含む組織犯罪の未然防
止に万全の態勢を整える必要があります。


そんな危ない時にオリンピック開いちゃダメでしょ。何考えてんの。

なるほど。国民の命<オリンピックか。それもまたいいだろう。

あと,現政権で思い出したんですけど,過去にこんな記事を書いたことがありました。
【書くなら今日しかねぇ!首相とクーデターと内乱罪。】
http://watabelaw.blogspot.jp/2014/06/blog-post_30.html


現政権の首相は,3年前,アメリカの雑誌に「憲法のクーデターをおこしている」と叩かれていました。

そうすると,だんだん①(目的)の輪郭がわかってきました。



本法案は,おそらく,現政権や暴力団といった組織を対象としています。


斬新だ。


==================

②(主体)当該行為を実行するための組織により行われるものの遂行を 二人以上で計画した者は、

ここは主体の規定ですね。

一人ならセーフみたいです。


私はもちろんテロ等はしませんが,私のようにお友達がいない人はどうやらこれにあたらない可能性が出てきました。


週末の予定も一人で立てています。


ようやく,この法案に穴が見つかってきました。


==================

③(実行行為)その計画をした者のいずれかによりその計画に基づき資金又は物品の手配、 関係場所の下見その他の計画をした犯罪を実行するための準備行為が行われたとき

なるほどなるほど。

まず,安倍晋三さんが銀行のATMでお小遣いを引き出す際,お巡りさんが職務質問して,

お巡りさん「テロのためか?」
安倍さん「いいえ。これはお小遣いです。」

これはセーフです。

法律実務の世界では,「人間の内心の事実認定は客観的状況等を総合的に鑑みて判断しなければならず,非常に困難である。」というのはもはや常識ですが,お小遣いだって言ってるなら仕方ない。お小遣いかどうかは客観的状況を総合的に勘案しなければなりませんが,お金持ちの人なら1000万円ぐらいはお小遣いなのかな(棒読み


例えばぼくが,司馬遼太郎先生の「竜馬がゆく」の全巻セットをAmazonで注文した際,

お巡りさん「テロのためか?」
ぼく「バレましたか。」

これはアウトです。

竜馬がゆくは幕末の維新志士,坂本龍馬の人生を描いた名著ですが,坂本龍馬自身が維新志士,すなわち徳川幕府を倒して新政府を立ち上げる側の,テロリストの話ですから,これはさすがにまずいですよ。ぼくもバレたか,としか言えません。たとえ否定したとしても,お巡りさんはお見通しですよ。


ぼくが花見の下見に行ったとします。

お巡りさん「テロのためか?」
ぼく「バレましたか。」

そうですぼくにはお友達がいないので,一緒にお花見に行ってくれる人もいません。花見の下見なはずがないのです。たとえ否定したとしても,ぼくのアドレス帳見られて一発アウトですよ。



お巡りさん「その他テロの準備行為をしているのか?」
ぼく「バレましたか。」

こんなブログ書いている時点で超危険人物ですよ。
今年免許の更新だったんですけど,一時停止違反で違反者講習受けましたからね。犯罪傾向が非常に強い人間だと言えます。
そんなぼくの行為はだいたい準備行為ですよ。

======================






罪刑法定主義が・・・消えた・・・だと・・・?




(今日の一言)

全部ノリツッコミ。


にほんブログ村 士業ブログ 弁護士へ
にほんブログ村

2017年5月31日水曜日

光陰矢の如し

忙しさと収入は比例しない。渡部です。


忙しぶってる人に限って大した仕事してないですよね。ぼくがそうです。

先週,どう考えてもこれは大した仕事じゃないだろうという仕事を弁護士会の命令でやっていたわけですが,そこで,ある初対面の男性弁護士が名刺を持ってぼくに挨拶に来ました。

ぼく「初めまして。」
その人「初めまして。」
別の弁護士「そいつ,渡部先生のこと大好きなんですよ。」

なるほど。確かにぼくはどちらかというとイケメンですが,LGBTのどれにも当てはまらない。LGBTの各友達はいても,ぼく自身はLGBTのどれにもカテゴライズされない。これはそっとお断りをしよう。

別の弁護士「違う。そいつ,渡部先生のブログの愛読者なんです。」
ぼく「は?」
その人「学生時代から見てました。」
ぼく「(絶句)」


=========================


なんという恐ろしい話でしょう。

のほほんと弁護士稼業をしていたら,いつの間にかブログの読者が弁護士になっているほど時が経過しているようです。

最近髪が伸びてきて,美容院に行くのもめんどくさいので,後ろで髪を結っているのですが,そんなチョンマゲヘアーをしている場合じゃないキャリアに到達しようとしているようです。


どうしよう。そんな腕前はまだ無いのに。


(ゲタさん,チョーさん,ミズモノさん,あなたたちの教え子のようです。)


==========================


ところで,とある高校から出前授業の指名が入りました。

その高校は何故か4年連続でぼくを講師に指名してくる(自主規制)な高校です。

ぼく「何を話したらいいですか。」
高校「弁護士の職務と身近な法律相談をお願いします。」


どうしよう。職務を語れるほどの経験がないのに。


===========================


今週,昔のお客様から久しぶりにお電話をいただきました。

お客「大変ご無沙汰をしております。」
ぼく「こちらこそ。」
お客「あのときは大変お世話になりました。」
ぼく「いえいえ。あのときはボスが一緒に事件処理してくれましたから。」
お客「それでも渡部先生の尋問にはしびれました。」
ぼく「えっと,あのときぼく弁護士一年目です。」
お客「え?」
ぼく「え?」

お客「そうだったんですか?」
ぼく「いや,そのときも正直に言いましたよ。(絶対言った。」
お客「覚えてないです。でもすごい貫禄ありましたよ。」
ぼく「当時27歳です。」
お客「え?」
ぼく「どういう意味それ」

お客「いや,堂々とされていたので。」
ぼく「弁護士一年目の,なんなら3か月目の初めての尋問ですあれ。
お客「え?」
ぼく「え?」
お客「あんなに偉そう・・・貫禄があったのに?(原文ママ)」


=========================


まだまだ弁護士としての腕もキャリアも中途半端ですが,頑張りますので宜しくお願いします。


なお上記高校の出前授業ではさも全てを悟ったかのように偉そうに弁護士とはなんぞやと語って来る予定です。楽しみにしてろ平塚商業高校。


にほんブログ村 士業ブログ 弁護士へ
にほんブログ村

2017年5月23日火曜日

今日の更新,分かってくれる人がいるんだろうか。

体は川崎市民,心は横浜市民。渡部です。


今日も1日仕事をしていたわけですが,とある先生と打ち合わせ中,その先生がこんな提案をしてきました。


「正直,鶴見区は川崎区に欲しい。」


このとある先生の頭がパカーンとなってしまったわけではなくて,この会話には前置きがあり,

先生「川崎市の中心は川崎区だ(川崎区育ち)。」
ぼく「でも地理的な中心は(川崎市)中原区ですよね。」
先生「中原区は最近武蔵小杉ができて調子に乗ってる。川崎区こそ川崎市の中心だ。」
ぼく「まぁぼくはハマっ子(横浜市内で育った人間が使う名称。他の地域の人間がウザがる呼称でもある。)だから関係無いけど。」

という会話があったんですね。

その上で,「正直,(横浜市)鶴見区は川崎区に欲しい(=吸収したい)」という領土的野心を示されたわけです。

そこでぼくは答えました。


「鶴見区だけは絶対に渡さない!」


今日はとある先生とそんな話をしていたので,こんな話をします。

そうです。今日は川崎市民と横浜市民以外の読者は置いてけぼりの回です。

※以下の議論はあくまで個人的見解ですのでご了承ください。

※御察しの通り,今回の更新はなんの生産性もない更新です。

============================

まず,まさか川崎区民が「鶴見区を我が区に」という戦国時代丸出しの領土的野心を持っていたことにぼくは驚愕しました。

しかし鶴見区というのは,横浜市上,戦略的重要な土地なのです。

そのためには,まず,横浜市の内情を説明しなければなりません。


============================

まず,横浜市は,神奈川県東部に位置する政令指定都市であり,18の区から成り立っています。

川崎市とは北部が接しており,上記鶴見区も川崎市と接しています。

ちなみにぼくは横浜市港南区出身です(重要)。

その上で申し上げますが,横浜市は「重要な区」と「そうでもない区」があります。

(これはあくまで対川崎市用に検討した場合であり,感覚に個人差があります。)

重要な区は次のとおりです。

・中区(政治的中枢。ここを取られると川崎に吸収される。
・西区(観光的中心。みなとみらい地区等,横浜=オシャレというイメージは西区のみによって形成されている。

この中区,西区以外の区は,港南区出身の私が言うのもなんですが,その他のどうでも良い区に該当します。

なぜどうでも良いかというと,上記中区及び西区によって,外部の人間がイメージする横浜市(例:横浜=海,横浜=ハイカラ)が成り立ってしまうため,この二つの拠点以外は重要性が下がるのです(言い切った。)。


============================


但し,上記のように川崎区民が戦国時代よろしくの領土的野心を持っていた場合には,鶴見区の重要性がぐっと上がります。

鶴見区は横浜市の東北部に位置し,都心へのアクセスの容易さ等も相まって実は住むのにも便利だと言うことが知られています。

しかしそれ以上に鶴見区が重要なのは,川崎の色と横浜の色の両方を兼ね備えたちょうど良い気風を備えており,いわば,川崎市と横浜市との間の緩衝地帯の役割を果たしています。

横浜市民は「鶴見区までは」川崎の風土が侵食することを許しており,逆に川崎市民は「鶴見区までは」横浜市の風土でいることを許しております。

もしこの緩衝地帯が侵された場合,川崎区の進行を止めるべき戦略的地域がなくなってしまうのです。

一応,川崎区の進行が中区,西区に届くためには,「神奈川区」と言う存在を攻略しなければなりませんが,鶴見区を制した川崎区の侵攻を止める度量が神奈川区にはありません。(おれは何を言っているんだ。)


============================


このような理由を述べ,とある先生には「鶴見区は渡せない。」と言いました。

そして,

「進行するなら北,東京都大田区あたりで勘弁してください。」と言っておきました。

大田区民の皆さん,川崎区がせめてくるかもしれませんが気をつけてください。



なお,なんの権限もありませんが,話の流れで町田市は川崎区に売りました。


=============================


ここまで話をしていたら,そのとある先生の事務員さんが,「私の(横浜市)緑区はどうなるんですか?」と聞いてきました。

安心してください。川崎区民に横浜西部を攻め込む戦力はありません。

なぜなら,横浜市=海というイメージに反し,上記中区及び西区以外の横浜市は,ほとんど山です。

港南区のぼくもそうですが,横浜市出身の方で,通学に自転車を使ってた場合,「立ち漕ぎ」という概念がなかったら通学が不可能であったはずです。

かたや川崎区というのは,ぼくもびっくりしたんですけど,ほとんど平地です。

これはマジです。坂がほぼ全くありません。

私の事務所から浅田ICに行くまでほぼ数キロ平地です。

そうです。川崎区民は山岳を行軍する訓練を行っていないため,青葉区,都筑区,港北区の3区を絶対に攻略できないのです。

緑区はその山岳3区に接しているため,3区に兵站を切らさないようにすれば,絶対に侵攻を食い止められます。


(今日の一言)

打ち合わせはちゃんとした。

2017年5月2日火曜日

割と仕事します。

ひまとお金,両方欲しい。渡部です。


最近子育て等で忙しくてお金がありません。

誰かぼくに仕事をください。


さぁ露骨な営業アピールをしたところで,20ページにも及ぶ書面を一気に書き上げて今日もう何もする気が起きないのでブログ書きます。


なんか,部活の後輩に子供が生まれたそうです。

よかったよかった。

その後輩とも話していたんですけど,子供は「生まれて当たり前」なんてことはないですからね。あらゆる奇跡が重なって生まれるのです。2度流れたぼくら夫婦からすれば本当に奇跡なのです。

おめでとうN。写真見たけど,おまえの赤ちゃん,猿みたいなツラしてるぞ。お前にそっくりだな。


====================

一方我が家。

息子が3か月になりました。

育児,頑張っています。主に妻が。

ぼくは主にお風呂,オムツ,適度な遊び,散歩等を担当しています。

そうです妻にほとんど自分の時間を与えられていません。

妻に自分の時間を与えてこそのイクメンだと思うのですが,その点からするとぼくはイクメンではないのでしょう。

だいたいぼくは育児をやっている感覚はなく,普通に息子で遊んでいるという感覚です。

大事なのは,息子「と」遊ぶのではなく,息子「で」遊んでいるという点です。

最近特に面白いこともないので箇条書きします。


=====================


まず前提ですが,ぼくは父親と認識されていない可能性があります。

おかしい。まだ人見知り始まる時期でもないのに。毎日お風呂に入れて遊んでいるのに。

ぼくは普段メガネをかけているのですが,メガネをとったらギャン泣きされました。

メガネをかけたら泣き止みました。

またメガネを外したらギャン泣きされました。

今度はメガネだけ見せたら泣き止みました。

なるほど。某マンガの新八くんみたいに,ぼくの本体はメガネだったのか。


=====================


美容院にかけるお金に意味が見出せないので,最近髪を伸ばしています。

目標は後ろでマゲがゆえる長さ。そうすれば一生髪を切らなくて済みます。

ただ,ぼくの天然パーマは非常に激しく,今ちょうど中途半端な長さで髪が爆発している状態なので,法廷等にでるときは,ワックスでオールバックみたいにしています。

オールバックにしたぼくを見て,息子がギャン泣きしました。

さっきまであんなに爆発した寝癖を引っ張って遊んでいたのに・・・

息子・・・恐ろしい子ッ!


=====================


そんなぼくも,お風呂では息子と仲良しです。

ぼくの趣味趣向として,う◯ち大好きとかそういう傾向はなかったのですが,最近全くうん◯に抵抗感がなくなりました。

結構◯んちまみれの状態でお風呂に運ばれてくることが多いのですが,もう全然素手で洗います。赤ちゃんいるご家庭なら当然ですよね。

なんなら今日はどんなうんちかなとか期待しちゃいます。

当事務所はうんちに強い法律事務所です。


=====================


うちの息子は他にもれずギャン泣きぶりで,いわゆる「赤ちゃんが泣き止む音楽」とか聴かせます。

特にお気に入りなのが「ふかふかかふかのうた」というもので,この曲を入手してからというもの,100%の確率で泣き止みます。

延々この曲を聴かせると絶対大人しくしているのですが,ぼくが飽きます。

いやダメだ,息子をあやしているんだ,我慢しなきゃ。

無理です飽きるものは飽きます。

そこで「ぼくと息子との間の妥協点」を探すことにしました。


①DREAMS COME TRUE「ウィンターソング」

ぼくの好きな曲です。今の若い人は知らないかも。

きょとんとしてますが大人しくしています。これはセーフです。まだいける。


②HY「366日」(父熱唱付き)

あわあわ口を開閉していますが,いけます。セーフです。

父熱唱付きに驚いている節もありますがセーフです。


③ジャミロクワイ一通り

あれ?意外といけるぞ?

こいつ,結構ダンス系ミュージックもいけるんじゃないか?


④スチャダラパー「サマージャム'95」(父熱唱付き)

あれ?割といける。これはまだまだ余白があるんじゃ?


⑤ライムスター「ウィークエンドシャッフル」(ライブ版)

いける!何故か宇多丸さんを目で追ってる!スキンヘッドが好きなのかな!ぼくはmammyDさんが好きだけど,そしたら息子が宇多丸でMC二人でいけるんじゃないかな!


⑥渡部源「ウィークエンドシャッフル」(父親アカペラ版)

これぼくアカペラでいけるんですよ。ほら!一緒にノリノリで!あらいいじゃない!あなたノリいいじゃない!


(今日の一言)

妻「うるさい。あと,ガチャガチャした曲覚えさせないの。」


にほんブログ村 士業ブログ 弁護士へ
にほんブログ村

2017年4月7日金曜日

全国の破産管財人頑張れ

最近,営業のお電話をよくいただきます。渡部です。


ネットからの集客方法について縷々説明されるのですが,大抵,「ブログやってて,そこ経由から来るので大丈夫です。」と答えています。

ところが今日お電話を頂いた方は,「私どもの調査によると,ブログはなかなか集客に繋がらないので,もし教えていただけるのであるならばお時間いただけないでしょうか」と言ってきました。

やる気のある人だなと思ったし,別に隠すこともないので,「正直わからん。法律の話は一切していないから,なぜお客様が連絡をくれるのか一切わからん。」などと答えました。

その方も良い方で,集客方法に関する情報交換みたいなものが始まり,「先生,時事ネタはアクセス数が上がります。」とアドバイスをくれました。




その発想はなかった。




「なるほど確かに時事ネタはアクセス伸びるかもしれん。今までそんなこと考えずだべってただけだった。」
先生何考えてブログ更新してるんですか。例えばもうすぐGWなんで,道交法の話とかが考えられますよね。」
「それだったら道交法より『てるみくら◯』の方が需要がある気がする。」
「それ!そういうのを読者が求めているはずなんですよ。」



はい,今からてるみくらぶの話します。



◆覚えておきたい破産手続きのイロハ◆

弁護士のブログっぽくなってきました。渡部です。

てるみくらぶの話に関しては,私は当事者ではないのでなんの情報もないです。詳しくは下記URLを参照して頂いた方がいいと思います。
【破産管財人就任のご挨拶】
http://www.tellmeclub.com/20170327_info.html#info3

ところで法律相談とかやっていると,こういった大きな会社の破産事件の債権者(破産者に対して金銭等の請求権を持っている人)が,「ポコポコ手紙が来て何がなんだかわからない」というご相談を持ってこられることがあります。

そこで,破産手続きの前提知識を適当に書きます。


①破産の開始決定は裁判所が出す。

お金に困った会社は誰でも破産できるというわけではありません。
その基準は破産法に規定されているのですが,細かい話はすっ飛ばすと,裁判所が「破産するしかないよね。」と判断した場合に破産の開始決定が出ます。

ここでよく勘違いされがちなのが,破産の開始決定が出たのでその会社はもう潰れたのかというとそうではありません。
あくまで裁判所が出すのは破産の「開始」決定です。「破産(手続)が開始する」という決定を出しているだけなので,手続きはまだ始まったばかりなのです。

じゃあどんな手続きをするのかというと,その破産会社の「財産の調査」と「負債の調査」を行います。
「財産の調査」においては,とにかく会社の資産をお金に換えます。換価です。
同時並行で「負債の調査」をします。換価したお金を適正に配分できるか判断するためです。
「破産」とは,「財『産』を『破』壊する」と書いて破産です。破産手続きというのは,基本的に財産を破壊して換価し,それを債権者に分配できないか図る手続きということとなり,それ相応の期間がかかります。
ぼくが見たことあるのは,ゴルフ場の運営会社が破産をした際,5年くらいかかったものを見たことがあります。てるみがそれくらいかかるかどうかは,現時点では全くわかりません。

②会社が破産するときは「破産管財人」という人が就く。

先ほどの財産調査と負債調査ですが,裁判所が破産開始決定を出すものの,破産事件というのは年間5万件を超える申立てがなされており,特にてるみくらぶクラスの大きさになると,とてもじゃないけど裁判所のマンパワーが追いつきません。
そこで裁判所が,財産調査と負債調査の実行するため,「破産管財人」という人を選任します。

この破産管財人は,てるみの件でもそうですが,弁護士が選任されます。
しかも弁護士なら誰でも選任されるというわけではありません。
裁判所は破産管財人の選任権限と同時に監督義務もありますから,砕けた言い方をすれば,裁判所が,「こいつならこの破産事件を任せられる!」という人を一本釣りしているみたいです。

(国選弁護人等は,名簿方式で選任してますが,その点破産管財人はもっと踏み込んで,裁判所が能力的,経験的な分析もした上で選任しています。)

例えばぼくは,もう7〜8年ぐらい,川崎で破産管財人のお仕事を頂いていますが,それでも,てるみくらぶクラスの破産管財人には絶対に選任されません。あの規模の会社を解体する経験も能力もないからです(自信満々)。

ここまで書いたところで,お気づきでしょうか。

そうです。破産管財人とは,裁判所が破産開始決定を出した際に,裁判所が選任するものであり,破産会社の代理人弁護士ではありません(超重要)。
ぼくも破産管財人として行動する際,誰とは言いませんが,「おれの貸した金踏み倒そうとしてただで済むと(以下自粛)」,「絶対返すからと言ったから貸したのに,そこら辺分かっているわよね,どう責任を(以下自粛)」,「(全部自粛)」などとお問い合わせをいただくことが稀によくあるのですが,

破産をさせたのはぼくではありません。

管財人とは,あくまで公正中立な立場に立って,できるだけ債権者のみなさまに配当を実施しようと頑張っている人です。破産に至った経緯など,関わったどころか開始決定が出るまで知らないという無垢な人なのです。
破産開始決定が出て,事件の経緯を把握した際,「これはひどい。なんとか配当を実施できないか」と思うことはあっても,破産者の肩を持つことはありません。肩を持っても一円の特にもなりません。

このような説明をすると,債権者の皆様はだいたい誤解を解いてくださるので,いつもありがとうと思っております。そうです。破産手続きは破産管財人と債権者の皆様のご協力があって初めて成り立つ手続きなのです。

なお,これは個人差がありますが,ぼくは結構破産者本人を呼び出して,資料の提出を求めると同時に,めっちゃ説教を(以下自粛)


③よくある質問集

・裁判所から(破産管財人から)債権届出という書面が来た。返信した方がいいのか?
必ず返信してください。
これは上述した「負債の調査」を破産管財人が行なっているものです。
いわば「あなたの債権なんぼ?」というアンケートの用なもので,これに回答しないと,「債権なし」と判断され,配当(換価したお金を債権者の皆様に配る手続き)に参加できない可能性が出て来ます。
無論,返信したからと言ってお金が返ってくる保証はありません。そもそもお金を払えなくなっているから破産をしているわけで,「全額配当事案」というのは(理論上)ありえません。また,配当率が何パーセントかもわからず,そもそも配当できない(お金ない)事案もあります。
それでも,このアンケートに回答しておかないと将来的に配当を受ける可能性を自ら放棄することとなるので,ぼくは,必ず返信しておきなさいとアドバイスしています。
・これ(債権届出等)はよくある振り込め詐欺ではないか?
これは現場レベルで法律相談を受けていると,かなりの割合で飛び出す質問です。
昨今の振り込め詐欺は手口が巧妙化し,そのような犯罪を疑うその精神は素晴らしいです。
仕舞いには,実在する弁護士の名を騙って金銭請求する事案も発生しており,当会(神奈川県弁護士会)においても,緊急案件として市民の皆様に注意喚起の声明がでております。
【神奈川県弁護士会・実在する弁護士名を騙った請求にご注意ください】
http://www.kanaben.or.jp/news/info/2016/post-70.html
破産手続きが進むと,(配当事案になった場合)振込送金依頼書という書面が届き,振込先口座を記入して返送することを求められますが,破産開始決定から数年期間が空いていきなりこの振込送金依頼書が送られると,詐欺の類か何かと疑う方が多いです。
そんな場合には,当該送り主が本当に弁護士か確認してください。
確認の方法はいくつかありますが,一番手っ取り早いのは日本弁護士連合会(日弁連)の弁護士検索サイトで調べるのが良いです。
【日本弁護士連合会・弁護士情報・法人情報検索】
https://www.nichibenren.jp/member_general/lawyerandcorpsearchselect/corpInfoSearchInput/changeBarSearch/
ここに弁護士の名前だけでも情報として入れて検索するとあら不思議。当該弁護士の事務所所在地や電話番号など,その業務情報がタダで垂れ流されています。
日本国内で弁護士として稼働するには日弁連に絶対登録しなければならず,ここの検索でヒットしない人は絶対に弁護士資格がありません。
試しに今,ぼくの名前で検索して見ましたが,ぼくは弁護士でした。セーフ。
・弁護士検索の情報と送付元の情報が違う。
債権届出等が届いたので,日弁連で検索してみたら,書類の元の住所や電話番号が検索結果と違う。これはレアケースですが実際にあります。
例えばですが,てるみくらぶの場合,破産管財人がHPに問い合わせ先を掲載していますが,問い合わせ電話番号が破産管財人の事務所電話番号と異なります(ひょっとしたら住所も違うかもしれない。)。
過去,これを指摘して来た相談者の方が何人かいらっしゃいましたが,よくそこに気がついたなと驚きました。
結論としては,封書に記載してある方の連絡先にお問い合わせください(今日一番重要)。
実はこれには破産管財人側の事情があり,このようになっているケースがあります。
てるみくらぶ級の債権者数,会社規模になりますと,問い合わせや交渉の電話が殺到します。
その件数たるや想像を絶するものがあり,自分の事務所の電話番号を問い合わせ先にすると,事務所の回線がパンクし,破産管財人の事務所に依頼している他のお客様と連絡が取れない等の障害が発生し,他のお客様の事件進行がカオスになるのです。
そのため,てるみくらぶ級の破産になると,そのような障害を回避するため,破産管財人がてるみくらぶ用の電話回線を開設したり,場合によってはてるみくらぶを処理するようの賃貸物件を借りて,そこを拠点に事件処理をすることが多いです。逆に,このような処理をしないと,てるみくらぶの事件処理にも弊害が生じ,破産管財人事務所のお客様にも弊害が生じてしまうので,そのような方策をとるのです。その場合の拠点連絡先等は,日弁連の検索結果に掲載はされません(一時的なものなので。)。
そのため,拠点の連絡先にご連絡頂いた方が話もスムーズですし,専用回線なので,情報伝達も早いです。


④最後に

今日ぼくがした話は,あくまで「金」の話です。
金はとても大事です。てるみくらぶの換価可能性がどの程度のものなのかぼくは全く知りませんが,少なくとも,東京地裁がこの案件を任せられるとした破産管財人は「本当に真剣に換価に打ち込んでくれるか」というのを一つの選任条件にしているはずなので,配当の可否はさておき,本気で会社を解体し,少しでも換価できるよう目指すはずです。
きっと,全国の破産管財人が,応援しています。

それとは別に,お金とは別の,多大な迷惑を被った債権者の方々が多いのがこの事件の特徴です。
日本経済新聞の報道によれば,4月3日時点で,観光庁が旅行者と連絡が取れなくなっている方はいらっしゃらないようではあります。
事件はまだ始まったばかりなので,動向を注視する必要はありますが,今,海外にいらっしゃる方々が,とにかく無事に家に帰れればとみんな思っています。

もうすぐGWだし,新婚旅行とか申し込んだ方も多いと思いますが,わかんないっすけど,きっと,違う形で幸せがくると思います。

ぼく,新婚旅行いってないけど幸せだし。
にほんブログ村 士業ブログ 弁護士へ
にほんブログ村

2017年3月24日金曜日

忘れ難き日

パパになりました。渡部です。




1月某日。横浜市内の区役所で法律相談を行なっていました。

16時頃,予定通り相談業務を終え,携帯電話を見ると,妻からLINEが。


「陣痛始まった。入院になった。」


なるほどそう言えば妻は妊娠していて里帰りしていた。そうか,そろそろ生まれるのか。

そう黄昏ながら書類の後始末をしていたら,役所の人(女性)が部屋に入ってきて談笑が始まりました。

ぼく「つかぬ事をお伺いしますが,お子様はいらっしゃいますか?」

役所「いますけど?」

ぼく「おいくつですか?」

役所「もう◯◯歳になりますけど。」

ぼく「陣痛とかありましたか?」

役所「ありましたよ。(中略)ところでなんでそんなこと聞くんですか?」

ぼく「いや,今,妻から陣痛始まったって聞いたから,いつ生まれるのかなって。」

役所「病院どこですか。」

ぼく「横浜市内。」

役所「先生こんなところで何してるんですか(怒)書類の後始末なんて私たちでやっているから今すぐ病院に行ってあげてください(怒)ほら駐車券ここに忘れてる(怒)まごまごしない(怒)」


割と本気で怒られたので,妻に「分かった!今すぐ行くよ!」とそれっぽくLINEを送りました。区役所の方々,その節はありがとうございます。



車で向かっていたら,妻からLINEがきました。

「急に入院になっちゃったからコンタクトの液がない。悪いけど,私の実家に寄ってコンタクトの液をお母さんから預かってきてくれないか。」

なるほどまだLINEをする余裕があるのだなと確認し,病院に行く前に妻の実家に寄ることに。

お義母さんが慌てて家から出てきました。

義母「私も行きたいけど私は規則上面会できないみたいなの!源ちゃんよろしくね!お願いね!」

ぼく「任せてください!」

一応頼り甲斐がある風に見せた方が今後のウケもいいだろうと判断し,威勢良く返事をし,お義母さんから渡されたコンビニ袋を受けとり,すぐさま病院へ急行しました。

信号待ちの際,ふと気になってコンビニ袋を見てみたら,中身はみかんが10個ぐらい入っていました。おかしい,おれはコンタクトの液を受け取らなければならないはずなのにこの袋にはみかんしか入っていない。


信号が青になったので,「まぁいいか。」と切り替えました。





病院に着いたら妻がベッドで横たわっていました。

陣痛がかなり痛いらしく,腰のあたりをマッサージしてあげました。

みかんは食べませんでした。

病院の人からは,「旦那さん!奥さんに声かけをしてあげて!それで全然違うから!」と言われたので,とりあえずマッサージをしながら声で励ますことにしました。

しかし如何せん「陣痛」というものを経験したこともすることもできないこの私。どう励ませばいいのかさっぱりわかりません。とりあえずそれっぽいことを言っておけばいいだろうと思い声かけを始めたら,だんだん楽しくなってきました。

「息は大きく吐くんだ!そうすれば吸える!」
「いいよー!いいよ=!酸素が体中を駆け巡ってるよ=!」
「うまいねー!最高の呼吸法だよ!才能あるよ!」
「過去のことを考えちゃダメ!心が沈むからね!未来のことも考えちゃダメ!不安になるからね!今のことだけを考える!一つのところに命をかける!」
「大丈夫大丈夫絶対できる絶対できるなんでそこで諦めるんだ頑張れ頑張れできるできる北京だって頑張ってるんだから!


わかる人にしかわからないと思いますが,途中から松岡修造さんごっごしてました。



「分娩室」とやらに移動させられた妻の激痛は増す一方で,深夜0時を回ってもまだ医者からゴーサインが出ません。

「無痛分娩・・・に・・・すれ・・・ばよかった・・・。」
僕「そうだね。そうだね。今からできないのかね。」
「でき・・・ない・・・。」
僕「そうだね。そうだね。仕方ないよね。」
「無痛分娩・・・高い・・・のよね・・・。」
僕「そうだね。そうだね。ちなみにおいくら万円?」
・・・・・・・・・(頭の中で計算して)私,頑張る!


さすがおれが妻に選んだ女だと思いました。



朦朧としてきた頭の中でふと疑問がよぎりました。果たしてぼくはいつまで付き添っていればいいのか?

実は病院から,事前に「立会出産を希望されますか?」と聞かれたのですが,「いや,いいです。」と答えていたのです。

僕「だって裁判の期日とかと被ったら絶対そっちを優先するじゃん。」
「そうね。」

この判断に関しては,ぼくの周りの女性陣・男性陣含め全員から「立ち会うべきだ」という強い意見を賜ったのですが,安易に病院に答えてしまったため,立会い出産に必須の事前講座を受けていなかったのです(重要)。

ということで,ぼくは立ち会えないのでどこかのタイミングで捌けることになります。

ただ時刻は深夜2時を回っており,巡回の看護師さん以外周りに人はいない。

無駄に広くて設備が整っている分娩室。

途切れたiPadの充電。

苦しみのたうちまわる妻。

眠たくなってきた僕。

睡魔と痛みに苦しむ妻。

変わらず松岡修造さんばりの声かけとマッサージをする僕。

僕の声だけめっちゃ響く廊下。

暗い室内。

眠たくなってきた僕。

深夜3時を指す時計。

眠たいしタバコも吸いたい僕。

ナースコールを押す僕。

駆けつける助産師さん。

どうしましたと言う助産師さん。


僕「もう生んでもいいでしょう。」(原文ママ)



僕はもちろんですが,何より妻が殺気に近い何かを発していたため,助産師さんがドクターを呼んでくれて診察。

助産師「それでは旦那さんは外の廊下でお待ちください。」



まだ解放されないのかおれ(正直な気持ち)


一応外の廊下の椅子に座って待っていたんですけど,なんていうんですかね,分娩室の扉は開いていて,カーテンのみで仕切られていて,そのすぐ横にぼくが座っているわけですよ。

妻の悲鳴やらドクター達の会話とか丸聞こえなんですよ。でもカーテンあるから視覚は閉ざされているわけですね。

まさに生殺し状態(まだ妻のそばで応援していた方が気が楽。)。


結局3時半過ぎに「オギャー!」という声が聞こえ,4時半ぐらいに赤ちゃんと対面しました。



後で妻が病院から聞いたところによると,本来,出産の際には分娩室のドアは閉めることになっているのですが,

「旦那さんがあんなに頑張ってくれていたので」

と配慮してくれて,ドアを開けて産声を聞かせようとしてくれたようです。

そうです。「頑張れ頑張れできるできる北京だって頑張ってるんだから」と6時間ぶっ通しで松岡修造さんごっこをしていた様子が,どうやら病院サイドには「一生懸命な旦那さん」と誤認したようで,そうしてくれたみたいです。ありがとうございます。



分娩室に入った際のやり取りは以下の通りです。

僕「よく頑張った!よく頑張った!」
「ありがとう。源ちゃんありがとうねー。」
僕「本当によく頑張った!初めて手放しで褒めよう!よく頑張った!」
「ありがとう。ありがとう。本当にありがとう。」
僕「本当に頑張り屋さんだあんたは!えらい!よく頑張った!」
「ところで赤ちゃん見てあげて。」
僕「あ,忘れてた。どこ?」
「そこ。」
僕「うお,なんだこいつ。」



(余談)

僕「もう朝の5時か・・・」
「疲れたね。」
僕「ちょっと・・・席を外していいか・・・?」
「え,(もう赤ちゃん生まれたし)全然良いよ。どうしたの?」
僕「タバコが吸いたいです。」
「いってらっしゃい(笑顔)」

(10分後)

僕「おれは絶対にタバコやめられないわ,すごいうまかった,副流煙には気をつけますので何卒今後ともご容赦ください。」


「はい。」