2017年5月31日水曜日

光陰矢の如し

忙しさと収入は比例しない。渡部です。


忙しぶってる人に限って大した仕事してないですよね。ぼくがそうです。

先週,どう考えてもこれは大した仕事じゃないだろうという仕事を弁護士会の命令でやっていたわけですが,そこで,ある初対面の男性弁護士が名刺を持ってぼくに挨拶に来ました。

ぼく「初めまして。」
その人「初めまして。」
別の弁護士「そいつ,渡部先生のこと大好きなんですよ。」

なるほど。確かにぼくはどちらかというとイケメンですが,LGBTのどれにも当てはまらない。LGBTの各友達はいても,ぼく自身はLGBTのどれにもカテゴライズされない。これはそっとお断りをしよう。

別の弁護士「違う。そいつ,渡部先生のブログの愛読者なんです。」
ぼく「は?」
その人「学生時代から見てました。」
ぼく「(絶句)」


=========================


なんという恐ろしい話でしょう。

のほほんと弁護士稼業をしていたら,いつの間にかブログの読者が弁護士になっているほど時が経過しているようです。

最近髪が伸びてきて,美容院に行くのもめんどくさいので,後ろで髪を結っているのですが,そんなチョンマゲヘアーをしている場合じゃないキャリアに到達しようとしているようです。


どうしよう。そんな腕前はまだ無いのに。


(ゲタさん,チョーさん,ミズモノさん,あなたたちの教え子のようです。)


==========================


ところで,とある高校から出前授業の指名が入りました。

その高校は何故か4年連続でぼくを講師に指名してくる(自主規制)な高校です。

ぼく「何を話したらいいですか。」
高校「弁護士の職務と身近な法律相談をお願いします。」


どうしよう。職務を語れるほどの経験がないのに。


===========================


今週,昔のお客様から久しぶりにお電話をいただきました。

お客「大変ご無沙汰をしております。」
ぼく「こちらこそ。」
お客「あのときは大変お世話になりました。」
ぼく「いえいえ。あのときはボスが一緒に事件処理してくれましたから。」
お客「それでも渡部先生の尋問にはしびれました。」
ぼく「えっと,あのときぼく弁護士一年目です。」
お客「え?」
ぼく「え?」

お客「そうだったんですか?」
ぼく「いや,そのときも正直に言いましたよ。(絶対言った。」
お客「覚えてないです。でもすごい貫禄ありましたよ。」
ぼく「当時27歳です。」
お客「え?」
ぼく「どういう意味それ」

お客「いや,堂々とされていたので。」
ぼく「弁護士一年目の,なんなら3か月目の初めての尋問ですあれ。
お客「え?」
ぼく「え?」
お客「あんなに偉そう・・・貫禄があったのに?(原文ママ)」


=========================


まだまだ弁護士としての腕もキャリアも中途半端ですが,頑張りますので宜しくお願いします。


なお上記高校の出前授業ではさも全てを悟ったかのように偉そうに弁護士とはなんぞやと語って来る予定です。楽しみにしてろ平塚商業高校。


にほんブログ村 士業ブログ 弁護士へ
にほんブログ村

2017年5月23日火曜日

今日の更新,分かってくれる人がいるんだろうか。

体は川崎市民,心は横浜市民。渡部です。


今日も1日仕事をしていたわけですが,とある先生と打ち合わせ中,その先生がこんな提案をしてきました。


「正直,鶴見区は川崎区に欲しい。」


このとある先生の頭がパカーンとなってしまったわけではなくて,この会話には前置きがあり,

先生「川崎市の中心は川崎区だ(川崎区育ち)。」
ぼく「でも地理的な中心は(川崎市)中原区ですよね。」
先生「中原区は最近武蔵小杉ができて調子に乗ってる。川崎区こそ川崎市の中心だ。」
ぼく「まぁぼくはハマっ子(横浜市内で育った人間が使う名称。他の地域の人間がウザがる呼称でもある。)だから関係無いけど。」

という会話があったんですね。

その上で,「正直,(横浜市)鶴見区は川崎区に欲しい(=吸収したい)」という領土的野心を示されたわけです。

そこでぼくは答えました。


「鶴見区だけは絶対に渡さない!」


今日はとある先生とそんな話をしていたので,こんな話をします。

そうです。今日は川崎市民と横浜市民以外の読者は置いてけぼりの回です。

※以下の議論はあくまで個人的見解ですのでご了承ください。

※御察しの通り,今回の更新はなんの生産性もない更新です。

============================

まず,まさか川崎区民が「鶴見区を我が区に」という戦国時代丸出しの領土的野心を持っていたことにぼくは驚愕しました。

しかし鶴見区というのは,横浜市上,戦略的重要な土地なのです。

そのためには,まず,横浜市の内情を説明しなければなりません。


============================

まず,横浜市は,神奈川県東部に位置する政令指定都市であり,18の区から成り立っています。

川崎市とは北部が接しており,上記鶴見区も川崎市と接しています。

ちなみにぼくは横浜市港南区出身です(重要)。

その上で申し上げますが,横浜市は「重要な区」と「そうでもない区」があります。

(これはあくまで対川崎市用に検討した場合であり,感覚に個人差があります。)

重要な区は次のとおりです。

・中区(政治的中枢。ここを取られると川崎に吸収される。
・西区(観光的中心。みなとみらい地区等,横浜=オシャレというイメージは西区のみによって形成されている。

この中区,西区以外の区は,港南区出身の私が言うのもなんですが,その他のどうでも良い区に該当します。

なぜどうでも良いかというと,上記中区及び西区によって,外部の人間がイメージする横浜市(例:横浜=海,横浜=ハイカラ)が成り立ってしまうため,この二つの拠点以外は重要性が下がるのです(言い切った。)。


============================


但し,上記のように川崎区民が戦国時代よろしくの領土的野心を持っていた場合には,鶴見区の重要性がぐっと上がります。

鶴見区は横浜市の東北部に位置し,都心へのアクセスの容易さ等も相まって実は住むのにも便利だと言うことが知られています。

しかしそれ以上に鶴見区が重要なのは,川崎の色と横浜の色の両方を兼ね備えたちょうど良い気風を備えており,いわば,川崎市と横浜市との間の緩衝地帯の役割を果たしています。

横浜市民は「鶴見区までは」川崎の風土が侵食することを許しており,逆に川崎市民は「鶴見区までは」横浜市の風土でいることを許しております。

もしこの緩衝地帯が侵された場合,川崎区の進行を止めるべき戦略的地域がなくなってしまうのです。

一応,川崎区の進行が中区,西区に届くためには,「神奈川区」と言う存在を攻略しなければなりませんが,鶴見区を制した川崎区の侵攻を止める度量が神奈川区にはありません。(おれは何を言っているんだ。)


============================


このような理由を述べ,とある先生には「鶴見区は渡せない。」と言いました。

そして,

「進行するなら北,東京都大田区あたりで勘弁してください。」と言っておきました。

大田区民の皆さん,川崎区がせめてくるかもしれませんが気をつけてください。



なお,なんの権限もありませんが,話の流れで町田市は川崎区に売りました。


=============================


ここまで話をしていたら,そのとある先生の事務員さんが,「私の(横浜市)緑区はどうなるんですか?」と聞いてきました。

安心してください。川崎区民に横浜西部を攻め込む戦力はありません。

なぜなら,横浜市=海というイメージに反し,上記中区及び西区以外の横浜市は,ほとんど山です。

港南区のぼくもそうですが,横浜市出身の方で,通学に自転車を使ってた場合,「立ち漕ぎ」という概念がなかったら通学が不可能であったはずです。

かたや川崎区というのは,ぼくもびっくりしたんですけど,ほとんど平地です。

これはマジです。坂がほぼ全くありません。

私の事務所から浅田ICに行くまでほぼ数キロ平地です。

そうです。川崎区民は山岳を行軍する訓練を行っていないため,青葉区,都筑区,港北区の3区を絶対に攻略できないのです。

緑区はその山岳3区に接しているため,3区に兵站を切らさないようにすれば,絶対に侵攻を食い止められます。


(今日の一言)

打ち合わせはちゃんとした。

2017年5月2日火曜日

割と仕事します。

ひまとお金,両方欲しい。渡部です。


最近子育て等で忙しくてお金がありません。

誰かぼくに仕事をください。


さぁ露骨な営業アピールをしたところで,20ページにも及ぶ書面を一気に書き上げて今日もう何もする気が起きないのでブログ書きます。


なんか,部活の後輩に子供が生まれたそうです。

よかったよかった。

その後輩とも話していたんですけど,子供は「生まれて当たり前」なんてことはないですからね。あらゆる奇跡が重なって生まれるのです。2度流れたぼくら夫婦からすれば本当に奇跡なのです。

おめでとうN。写真見たけど,おまえの赤ちゃん,猿みたいなツラしてるぞ。お前にそっくりだな。


====================

一方我が家。

息子が3か月になりました。

育児,頑張っています。主に妻が。

ぼくは主にお風呂,オムツ,適度な遊び,散歩等を担当しています。

そうです妻にほとんど自分の時間を与えられていません。

妻に自分の時間を与えてこそのイクメンだと思うのですが,その点からするとぼくはイクメンではないのでしょう。

だいたいぼくは育児をやっている感覚はなく,普通に息子で遊んでいるという感覚です。

大事なのは,息子「と」遊ぶのではなく,息子「で」遊んでいるという点です。

最近特に面白いこともないので箇条書きします。


=====================


まず前提ですが,ぼくは父親と認識されていない可能性があります。

おかしい。まだ人見知り始まる時期でもないのに。毎日お風呂に入れて遊んでいるのに。

ぼくは普段メガネをかけているのですが,メガネをとったらギャン泣きされました。

メガネをかけたら泣き止みました。

またメガネを外したらギャン泣きされました。

今度はメガネだけ見せたら泣き止みました。

なるほど。某マンガの新八くんみたいに,ぼくの本体はメガネだったのか。


=====================


美容院にかけるお金に意味が見出せないので,最近髪を伸ばしています。

目標は後ろでマゲがゆえる長さ。そうすれば一生髪を切らなくて済みます。

ただ,ぼくの天然パーマは非常に激しく,今ちょうど中途半端な長さで髪が爆発している状態なので,法廷等にでるときは,ワックスでオールバックみたいにしています。

オールバックにしたぼくを見て,息子がギャン泣きしました。

さっきまであんなに爆発した寝癖を引っ張って遊んでいたのに・・・

息子・・・恐ろしい子ッ!


=====================


そんなぼくも,お風呂では息子と仲良しです。

ぼくの趣味趣向として,う◯ち大好きとかそういう傾向はなかったのですが,最近全くうん◯に抵抗感がなくなりました。

結構◯んちまみれの状態でお風呂に運ばれてくることが多いのですが,もう全然素手で洗います。赤ちゃんいるご家庭なら当然ですよね。

なんなら今日はどんなうんちかなとか期待しちゃいます。

当事務所はうんちに強い法律事務所です。


=====================


うちの息子は他にもれずギャン泣きぶりで,いわゆる「赤ちゃんが泣き止む音楽」とか聴かせます。

特にお気に入りなのが「ふかふかかふかのうた」というもので,この曲を入手してからというもの,100%の確率で泣き止みます。

延々この曲を聴かせると絶対大人しくしているのですが,ぼくが飽きます。

いやダメだ,息子をあやしているんだ,我慢しなきゃ。

無理です飽きるものは飽きます。

そこで「ぼくと息子との間の妥協点」を探すことにしました。


①DREAMS COME TRUE「ウィンターソング」

ぼくの好きな曲です。今の若い人は知らないかも。

きょとんとしてますが大人しくしています。これはセーフです。まだいける。


②HY「366日」(父熱唱付き)

あわあわ口を開閉していますが,いけます。セーフです。

父熱唱付きに驚いている節もありますがセーフです。


③ジャミロクワイ一通り

あれ?意外といけるぞ?

こいつ,結構ダンス系ミュージックもいけるんじゃないか?


④スチャダラパー「サマージャム'95」(父熱唱付き)

あれ?割といける。これはまだまだ余白があるんじゃ?


⑤ライムスター「ウィークエンドシャッフル」(ライブ版)

いける!何故か宇多丸さんを目で追ってる!スキンヘッドが好きなのかな!ぼくはmammyDさんが好きだけど,そしたら息子が宇多丸でMC二人でいけるんじゃないかな!


⑥渡部源「ウィークエンドシャッフル」(父親アカペラ版)

これぼくアカペラでいけるんですよ。ほら!一緒にノリノリで!あらいいじゃない!あなたノリいいじゃない!


(今日の一言)

妻「うるさい。あと,ガチャガチャした曲覚えさせないの。」


にほんブログ村 士業ブログ 弁護士へ
にほんブログ村